« 初出場 初シード | トップページ | コツコツと・・・ »

2011年11月14日

札幌駅前を散策

つい先日のこと。ガールとフィギアスケートNHK杯を観戦しに行くことになり、久しぶりに札幌へ行きました。

直近ではニセコへスキーに行くのに北海道に訪れましたが、この時はスキー以外に観光などせず、札幌の街も殆ど歩かないで帰ってしまいました。

その前というと…もはや何年前かはっきり記憶していませんが、カニを買ったことと寒かったことだけは記憶しています。

ただ今回の札幌ツアーは大変天候に恵まれ、到着から帰宅まで全て秋晴れという絶好の観光日和となり、スケートの観戦以外は札幌の街を夫婦で歩き回りました。

滞在したホテルは札幌駅前にある京王プラザホテル。お部屋に入りカーテンを開けて外を見ると、目の前には「笑う警官」シリーズの小説家:佐々木譲さんの作品によく登場する「道警本部」が見えます。

窓から見るだけでは物足りず、フラフラと建物の前まで歩いてきましたが、不審者と疑われても困るので表から覗く程度にしておきました(笑)

また散策マップをみるとホテルの直ぐ近くに「北海道大学」があり、ここが観光スポットになっていることを知りました。

学校内を一般観光客が入れるなんて…!!

バスケの試合で時々他大学のキャンパスに出入りすることはありますが、これは試合会場である体育館に出入りするだけで他施設までウロウロしたりはしていませんし、しないものかと思っていました。

でもこの大学は違います。そもそも大学の敷地が広いこと広いこと!その広さは東京ドーム38個分もあるというのです!

キャンパスに入ると緑が多く、季節も秋ということで敷地内の樹木がかなり色づいていました。

Photo_2

イチョウ並木はまさに「秋!」という感じです。私を含めて、観光客がカメラを構えて撮りまくりです。

Photo_3

そして「ポプラ並木」も必見ということで、ここも観に行きました。

この並木は途中で行き止まりになりますが、秋晴れの中、ここを歩くのは大変気持ち良かったですね。

興奮して歩いていきましたが、広いキャンパスを歩き回ると脚が段々疲れてきて、休憩したくなりますが、ここで休んだらもう動けなくなるかも…と思い、一気にモデルバーン(札幌農学校第二農場)まで行くことに。

Photo_4 赤い屋根が印象的なこの建物は、明治9年クラーク博士の構想に基づいて建てられたもので、北海道開拓時代の農具などが展示してあります。

ここ以外にも北海道大学総合博物館も見学!幅広いジャンルの展示物があるので欲張りすぎるとバテバテになりますが、普段では味わえない貴重な散策になりました。

|

« 初出場 初シード | トップページ | コツコツと・・・ »

あしあと@東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初出場 初シード | トップページ | コツコツと・・・ »