« 小樽でもレトロに浸る | トップページ | 小樽を歩く »

2011年12月16日

週末の課題

我が中学バスケチームは今週末の土日に練習試合をする機会を得ました。

その相手は市の1位であるN瀬台中と3位であるS光寺中である。

新人戦を終えてから我がチームは試合を通して走り切れる体力を養成することと、基本となるマンツーマンディフェンスの練習をしてきました。

マンツーマンディフェンスについてはボールマン及びマークマンのキャッチとカバーローテーションの確認を重視して行ない、これは先日の練習試合で少しだけですが手応えを感じることが出来ました。

今回も更にステップアップを図ることを求めていきますが、今週は更にゾーンディフェンス(1-3-1)も練習しており、これを行なうことにより「パスカットからの速攻」というシチュエーションが増えることを期待しています。

また速攻以外でもセットオフェンスでは(相手がマンツーマンディフェンスでくるならば)4メンアウトオフェンスを発展させ、スピーディーかつスペースを上手く使ったドライブや3Pを使った攻撃が出来ればと考えています。

特に3Pシュートについては、現状入らないまでも「射つべきタイミングで射つ練習」をして、来年の春季大会には確実な武器として使いこなせる様になっていれば良いなと考えているので、とにかくシュートを狙う意識をつけたいと考えています。

そしてチームとしてはリザーブの育成も大きな課題です。現在怪我で3番FWの阿部が練習を見学している状態ですが、代わって3番に入っている岡村の成長も期待したいし、G陣のリザーブとして期待している選手達も沢山います。

このリザーブ陣がこの練習試合を通してどれだけ手応えを掴むことが出来るかが年明けに始まるミニ大会の勝敗に関係すると思いますし、それが2月の多摩大会にもつながると思います。

※個人名は変えてあります

|

« 小樽でもレトロに浸る | トップページ | 小樽を歩く »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小樽でもレトロに浸る | トップページ | 小樽を歩く »