« マネーボール | トップページ | 北海道大学を散策 »

2011年12月 4日

冬練習とトラブル

早いものでもう12月になりました。

テスト期間を終えた中学バスケチームは年明けの市民大会に向けて練習をしていますが、冬の練習は日が暮れるのが早く、あっという間に真っ暗です。

私としては年明けの市民大会までにマンツーマンディフェンスのリカバリーシステムを選手達に教え込み、ボールマンに抜かれても怖くないディフェンスに近づけたいと考えています。

これは3対3や4対4をベースにして、ボールサイドを替えられた時のディフェンスポジションの速やかな修正を練習課題としていますが、バスケ初心者メンバーメンバーで占められた我がチームには少し難しい内容の様で、なかなかスムーズに練習が出来ません。

また部員数も多い関係から、全員が練習出来る時間と、部活動の活動可能時刻(完全下校時刻)を考えると長時間この練習をすることが出来ないので、今は短時間ながら練習頻度を上げて覚えてもらおうと考えています。

そんな時、ちょっと問題が起きました。

それは我が部員に関係したことでは無いのですが、最近学校の近くで「不審者」が現れた(詳細は不明だが…)ということで、生徒を管理する学校としても何か対策を講じなくてはいけなくなりました。

これはどこのエリアにおいても似た様な事件は起きるものですが、実際に活動拠点で起きてしまうと「そーなんだぁ…」ではすみません。

そして我が校としては、取り急ぎ最終下校時間を繰り上げることでリスク回避することになりました。

従って、平日に行なわれる放課後の練習もこれまで2時間半ほど出来たものが2時間も出来なくなり、より練習内容をしぼって行なわないといけなくなってしまいました。

もっともこれから三者面談などが行なわれる様になると午前中授業になったりするので練習時間は取れるとは思うのですが、原因が原因だけに遅くまで部活をする場合には「安全に生徒達を帰宅させる」ことをもっと頭に入れて行なわないといけないでしょう。

これから年末に向けてクリスマス等色々な行事が増えてくるので、怪しい人達(失礼)も人の多い所に向うかもしれません。折角やる気になった部員達ですので、おかしなことに巻き込まれなければ良いのですが…。ちょっと心配です。

|

« マネーボール | トップページ | 北海道大学を散策 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マネーボール | トップページ | 北海道大学を散策 »