« シニア初優勝おめでとう! | トップページ | マネーボール »

2011年12月 2日

モーターショーの年!

自動車好きには大変関心の高い「東京モーターショー」。最近では世界規模の不況の関係もあり海外の出展企業の減少が目立ちましたが、第42回を迎える今回のモーターショーは東京ビッグサイトで12/3から12/11まで行なわれます。

私が学生の頃は晴海で行なわれていましたが、出展規模の拡大もあってか幕張メッセに舞台を移しました。

展示場の規模としては申し分の無い幕張メッセですが、個人的にはアクセスに問題があり、もっと近くでやって欲しいと思っておりました。

そこで今回のビックサイトでの開催は非常に嬉しいものがあります。(パシフィコ横浜辺りになればもっと嬉しいのですが…)

さて、今回のモーターショーには(小さく)サブタイトルがあり、そこには「世界はクルマで変えられる」とあります。毎回モーターショーの年には自動車メーカー各社で「目玉」を用意してますが、今回も盛りだくさんの様です。

自動車雑誌を見ると各社が出展する「コンセプトカー」と間もなく発売になる「話題の車」がピックアップされています。

現在スバルの車に乗っている私としては、トヨタ自動車と共同開発していたFRスポーツカーのトヨタ「FT-86」とスバル「BRZ」の記事に目が行ってしまいます。

詳細はこれからはっきりしてくるのでしょうが、水平対抗4気筒DOHC(直噴)200PS/20.9Kgで全長4240mmであり、乗車定員2+2というサイズからトヨタでいうところのセリカというか、パワーアップしたレビン・トレノという感じがします。

まあ販売メーカーが違うのでレビン・トレノとは言えませんが、写真や記事を読んでいると運転したら楽しいだろうなぁ〜という感じがしてきます。

でも個人的に気になるのは来年春発売見込みのマツダのCX-5です。この車は私が使用しているフォレスター同様SUVなのですが、2.2リッターディーゼルターボを用意しているところが気になります。

これは先にガソリン使用の車が発売された後に出てくる様ですが、最大トルク42.8Kg/2000rpmという数字に惹かれます。最大出力は175psで、燃費は10・15モードで20.0km/lというのは素晴しい。

SUV車のディーゼルは日産エクストレイルが既に発売していますが、CX-5はマツダですから価格も魅力的なんでしょうね。スバルさんもフォレスターでドカンとやって下さいな!

これ以外にはやはり環境を意識した「高燃費車」に各社力を入れています。先日発表されたトヨタのプラグインハイブリッドプリウスなどJC08モード燃費で驚きの61km/lを発表。これはモーターでの走行がメインでガソリンエンジンが補助的な役割をするところからこの数字の様ですが、もうリッター20Kmとか30Kmで驚いている時代ではないのですね〜!

今回も話題一杯のモーターショー。いつ観に行くか検討中です。

|

« シニア初優勝おめでとう! | トップページ | マネーボール »

∞兄貴 to 車好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シニア初優勝おめでとう! | トップページ | マネーボール »