« 湊ワールド〜夜行観覧車 | トップページ | 今年はちょこっと、、、厚木駅伝 »

2012年1月30日

練習試合0129

1月最後の日曜日、我が中学バスケチームは練習試合をする機会を得ました。

対戦相手はお隣H王子市のB所中で、今回は同校を会場として同じくH王子市内のN国中も入れた3チームで行った。

会場であるB所中とは、以前指導していた中学チームでも何度かお邪魔させていただきましたが、今年のチームはなかなか強いみたいで、新人大会でのスコアをみても我がチームとはレベルが違う様だ。

同校の先生とお話しても今年のチームはミニの力があるとはとはいえ、かなりの自信を感じました。

試合は最初に我がチームとN国中が行い、その後にN国中とB所中。そして我がチームとB所中という順番で行われた。

まず最初のN国中との試合ですが、こちらの会場入りの遅れからくるトラブルとアップ不足で、殆ど何も出来ないままワンサイドゲームで終了。すっかり「弱小」に成り下がった選手達ににあきれて物が言えません。

しかしN国中とB所中の試合で、B所中の高いシュート技術からの一方的な試合展開により今度はN国中がワンサイドで敗れてしまい、次にB所中と試合をするこちらとしては気合が入るところ。

B所中はゾーンプレスとゾーンを巧みに使い分けてくる、比較的我がチームに近い戦い方をするチームです。この試合では2-1-2プレスから1-3-1ゾーンで入る。

するとB所中は3/4からボールラインに合わせてプレッシャーを与えるプレスに対してスムーズに運べなくなり、得意の外角シュートも1-3-1ゾーンのプレッシャーで雑になり簡単に外してくれます。

我がチームとしてはこのリバウンドから阿部・西山の速攻とつなげて得点を取りにいきますが、普段の練習とは異なり力が入ってしまうのかイージーミスを繰り返します。

試合の展開としては完全にこちらの流れでしたが、速攻でのイージーミスにより墓穴を掘りリードできない我がチームは徐々に勢いをなくし、最後はガード陣がエンドからのスローインで相手プレスにはまってしまいジ・エンド。ミスは仕方ありませんが、いつまでも修正できないメンバーにため息が出ます。

この日の練習試合は結局これ以上の展開を見せることなく終わってしまいましたが、数少ない収穫といえば、イージーミスで自滅したとは言え、とりあえずそのシチュエーションまで持ち込めるようになったこと。それと1年生PFの佐々岡やC三井の成長を試合で見ることが出来たことです。

主力の2年生にはインサイドの強い選手が少なく、逆に1年生はPF/Cが多いので彼らの成長はチームの底上げに必要不可欠です。佐々岡や三井の様にこれからどんどん1年生たちの成長が見えるようになってくると思うので、2年生の西山や細野は彼らに負けじと頑張って欲しいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 湊ワールド〜夜行観覧車 | トップページ | 今年はちょこっと、、、厚木駅伝 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 湊ワールド〜夜行観覧車 | トップページ | 今年はちょこっと、、、厚木駅伝 »