« 予約販売始まる | トップページ | 練習試合0129 »

2012年1月29日

湊ワールド〜夜行観覧車

※※※※ ご注意! 一部ネタバレです※※※※

湊かなえ作の「贖罪』が 1月から wowwowでドラマ化されていますね。

私は暫く 湊作品から遠ざかっていました。

久しぶりに手にした 湊作品 『夜行観覧車』
半分期待、半分覚悟の気持ちで ページを進めました



高級住宅街に念願のマイホームを建てた遠藤家
なのに 1人娘は近所にも聞こえるほどの癇癪を爆発する毎日で 両親はいつかは解決すると目を反らせ、やり過ごす

そんな中 向いの髙橋家で 殺人事件が起こる
父親が医者で、美人の母親
子供は 有名私立中高校に通う 理想的にも見えた家庭
母親が父親を殺したと自首する
本当に母が殺したのか?
本当は行方不明の息子ではないのか?

相変わらずの湊ワールドで、テレビのワイドショーを見ているような 話の展開、、、、

ですが、、、、
もの足りなさというか、
なんだか消化不良な作品

確かに話は 「こんなこと 本当にあるの〜?!」という 他人の恥部を覗き見しているような ワイドショー的題材ではありますが、代表作の『告白』で感じた どこまでやるの??と思わせる『異様さ』がかなり薄れていました。

ミステリ小説ではなく 家族小説と されていますが、 家族小説にしては登場人物が深く描ききれていなかたと思います。
冒頭 ミステリの感じもありましたが、早々に結末が見えてしまいますし、、、

小説の終わり方や 題名 『夜行観覧車』との関連も 唐突すぎて しっくりきません。
中でも 娘の癇癪振りに遠藤家の母がついにキレて娘を殺しそうになったのにも関わらず、隣家の髙橋家の子供達が母が父を殺すという事件と向き合っていこうとする姿をみて 遠藤家に希望が戻るようなエンディングには 正直??? 

やはり デビュー作 「告白」の壁は 高かった、、、と再確認した作品でした。
果たして 湊作品は この路線を続けるのか・・・

|

« 予約販売始まる | トップページ | 練習試合0129 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予約販売始まる | トップページ | 練習試合0129 »