« 卒業生の活躍 | トップページ | 逆境に考えろ »

2012年1月10日

福饌

Sbsh0181今年の初詣は 寒川神社

参拝後に おみくじやお守りとともに 福饌が置かれているのを発見

生落雁です。

福饌は 今年最初の神饌(お供え物)をお領ちいただいたもの

神饌に供えられた供物には霊位が宿るとされ、これを飲食することで神々との親睦を図ると言われています

今年も健康・家内安全を願って いただくことにしました。

帰宅して よくよくみると、 金沢の 落雁で有名な 諸江屋 であつらえたものでした。

生落雁なので 柔らかく 落雁の間に粒餡が入っています。
お味ももちろん 上品な甘さで、おいしい

辰の文字も入っているので、毎年出ているものなのでしょうか
8個入りで 1000円でした。

少し前までは 初詣は鎌倉の鶴岡八幡宮、、、と決めていたのですが、、、

若い頃には刺激でもあったあの混雑に 段々と耐え切れなくなって、近年は特に定まらず その時の気分によって、、、という 少々ご利益の期待できない参拝状態が続いております。

寒川神社は 境内が程よい広さですが ご本殿が立派で 気持ち良く参拝できる好きな神社のひとつです。
鶴岡八幡宮のように 全国区の参拝者はありませんが、程よい混雑具合です。
昨今の私達には 丁度良い規模の神社です。

お正月には 迎春干支ねぶた といって神門に 青森ねぶたが飾られます。
干支ねぶたの下をくぐると 厄除けになるそうです。

ただ難点が 駐車場
土地柄 多くの人が車を利用するので 無料駐車場も複数あるのですが、初詣、七五三、例祭の際はパンク状態
近隣に有料臨時駐車場(1回1000円) があるが、周辺の渋滞は覚悟が必要。
特に 三の鳥居(太鼓橋)前は三叉路になっていて 駐車場待ちの車が増えるとここの渋滞が一番ひどい

ご本殿には JRだと相模線の宮山駅が一番近い
お隣、寒川駅だと少々歩きますが、一の鳥居から向かうことができます。


 

|

« 卒業生の活躍 | トップページ | 逆境に考えろ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卒業生の活躍 | トップページ | 逆境に考えろ »