« 今年はちょこっと、、、厚木駅伝 | トップページ | 女性刑事が主人公〜ストロベリーナイト »

2012年2月 1日

エントリープレイの導入

情けない内容の練習試合から一夜明け、改めて試合内容を反省しつつ強化練習をすることにした。

今回の練習ではシュート力をもっと強化しなくてはいけないと考え、普段よりシュート練習に時間をとって行なった。

特に気になったのは3Pシュートの様なロングシュートではなく、ゴール下やミドルエリア等の速攻でよく使う距離でのシュートです。

普通に練習させるとあたり前に決めてしまうので、パスのスピードやボールキャッチからの動作を試合に近づけながらスピードあるシチュエーションでの練習を意識させた。

これは1対1の練習でも同様なことが言え、とにかく試合で行なっている状況で練習しないと、いつまでたっても試合中でのシュート確率が上がる気がしないのです。

またセットオフェンスで行なっている「4メンアウト攻撃」についても更にステップアップする為に、パスのスピードやキャッチからのステップを徹底させ、相手よりも速い展開を目指しました。

そしてこの攻撃については、縦パスをしてからの動き方について、いくつかのパターンを用意していますが、折角練習しても試合で使わないのでは意味がありません。

しかしながら細かな点をチェックしていくと、実は良く分かっていなかった選手がいたり、頭では理解しているつもりでいても実際に動くことが出来なかったりと練習不足だったことも分かりました。

更に今回はこの4メンアウト攻撃に入る前に使える、簡単な「エントリープレー」を用意してきたのでこれも練習しました。

大学チームではあたり前の様に出来るエントリープレイですが、初心者中学生達には難しい内容だったみたいで出すタイミングを図っていましたが、そろそろ導入出来そうな手応えを感じたので練習することに。

大学チームでは1-2-2の体型からスタートしましたが、中学チームではその後の4メンアウトを考えて1-4の体型からスタートします。

この日は説明と簡単な実戦しか出来ませんでしたが、今週・来週と練習をして、11日から始まる多摩大会に使ってみたいと思います。

|

« 今年はちょこっと、、、厚木駅伝 | トップページ | 女性刑事が主人公〜ストロベリーナイト »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年はちょこっと、、、厚木駅伝 | トップページ | 女性刑事が主人公〜ストロベリーナイト »