« ここまでの反省 | トップページ | 落語会 »

2012年2月25日

#12千葉クロカン観戦

ちょっと古ネタになってしまいましたが、毎年恒例の千葉クロカン観戦

今年からコースが変わりました。
従来のスタート地点がゴールになり、ゴール地点手前がスタートとなりました。
私達がいつも陣取る場所が ゴール近くになったので レース終盤の順位変動が把握できて よかったです。

今までは ラストが下り坂の勢いのままスパートをかけてゴールというコース設定でしたが、新コースは最後に坂を登りきった所が ゴール手間200M地点
ここから ラストスパートをかけるのですから、どのカテゴリーもラストがかなりキツそうでした。 

今回一番注目したのは 高校生男子12km
高3世代の13分ランナーの一人、九州学院 久保田選手は 12月の都大路の1区区間賞、1月のひろしま駅伝の5区区間賞と 駅伝シーズンで持ちタイムどおりの強さをみせました。
もう一人の13分ランナー 作新学院の横手選手が 意地をみせて タイトルを奪うか、2人の対決も見どころです。

Dsc_7275

レースは最初の周回で やはり 久保田選手と横手選手が先頭に立ちます
その二人にくらいついているのが 美馬商業の上村選手と 西脇工の中谷選手、少し離れて 豊川工 小山選手

上村選手は下級生の時から安定して成績を残している選手ですが、この冬は後半までトップについていく強さを見せる様になりました。
この日も 一時は 先頭に立つ 積極的なレースをみせます。

また 2年生ながら 果敢にトップ集団に挑んだ 中谷選手
ひろしま駅伝では 1区で 横手選手を抑えての区間賞 と 存在感を見せています。Dsc_7335
西脇工の現2年生は 招待選手だった廣田選手のほか 淺川選手ら強力メンバーが揃っていますから、今年のインターハイ、駅伝での活躍が楽しみです。

レースは 上村選手や横手選手が 久保田選手に先行しようと粘りましたが、終盤は久保田選手が少しづつ前に出て、貫禄勝ち
久保田選手は終始レースに余裕がありました。

横手選手も 余裕をもったレースをしていましたが、仕掛け処の判断の差だったのでしょうか?
最後の坂を登ってラスト200Mで姿が見えた際には 思わぬ 差があったで 驚きました。
それでも しっかり 2位確保はこの世代トップの貫禄ですね。

Dsc_7457

今週末は 福岡クロカンです
久保田選手の連勝となるか、あるいは横手選手、上村選手が競り勝つのか、、、、
千葉クロカン 不参戦の九州勢も多数エントリーしますから、楽しみなレースとなりそうです。
TBSで録画放送があります。

|

« ここまでの反省 | トップページ | 落語会 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ここまでの反省 | トップページ | 落語会 »