« 総合大会3戦目 | トップページ | ここまでの反省 »

2012年2月23日

総合大会4戦目

S光寺中戦の敗戦で、心の弱い我がチームのメンバー達はすっかり負け犬の表情に変わってしまったが、その後のS光寺中とM成瀬中の試合で波乱があった。

当初、高い個人技術のあるS光寺中がM成瀬中を大きく突き放して勝利するかと思ったのだが、1-2-1-1プレスから2-3ゾーンで守るM成瀬中の固いディフェンスをS光寺中が破ることが出来ず、延長と思った土壇場でM成瀬がリバウンドからの速攻で勝ち越しのシュートを決め、M成瀬中がS光寺中に勝利したのだ。

これを見ていた我がチームのメンバーは、このM成瀬中と対戦するのか…と早くも白旗状態だったみたいだが、ここで我々がM成瀬中に勝利すれば1次リーグでの1位通過が見えるのではないか?と発破をかけ、M成瀬中の使うゾーンに対する話(プレスダウンとゾーンオフェンス)をしながら試合の準備に入った。

スタートは先程と同じく青島・宮沢・川上・西山・細野で、この試合ではマンツーマンではなく1-3-1ゾーンで入ることにした。

それは前回の練習試合において、マンツーマンではM成瀬中の機動力を抑えきれず、逆に1-3-1ゾーンで守った時に大きく失速したことを覚えていたからだ。

しかしS光寺中に勝利したM成瀬中のメンバーはアドレナリン全開で、この「勢い」を抑えられないと我がチームは苦しい展開になりそうだ。

試合が始まると、やる気満々のFW⑤とPF⑨がゴール下に飛び込んできます。だが勢いだけではシュートは決まりませんが、それでも身体能力の優れているFW⑦が捻じ込んでM成瀬中が先制する。

M成瀬中はシュートが決まると予想通り1-2-1-1プレスを出してきて、その身体能力に我がチームの宮沢・川上が押されてしまい良い状態でボールキープが出来ずターンノーバーを連発する。

パスの回らない我がチームに対して再び⑦が捻じ込み、早くも試合はM成瀬中のペースになりかけます。

我がチームも意地を見せます。FW西山がカットプレイからの速攻を決めると、続いて川上、細野が捻じ込んで逆転。やはりこの試合もシーソーゲームになりそうです。

しかし激しい内容にはファールがつきもの。ディフェンスで頑張っていたG宮沢ですが、早々の連続ファールでベンチに下がり、代わって石渡が入る。平均的に何でもこなせる石渡ではありますが、この局面ではなかなか厳しく、なかなかボールをフロントコートまで運ぶことが出来ません。

更にはPG青島もプレスにはまり、たまらずタイムアウトを取って落ち着かせる。

タイムアウト後、少し落ち着きを取り戻した我がチームはFW川上が速攻からシュートを決めて1ピリを8-10とビハインドながら予定通りロースコアの展開とする。

チャンスは作れるのだがシュートミスで墓穴を掘り、なかなか波に乗れない我がチーム。やはりミスをしては試合に勝つことは出来ません。

2ピリに入るとM成瀬中はインサイドプレイヤーの⑨⑳が決め始め、更にFW⑦の3Pまで飛び出し前半を12-29と大きく離されてしまいました。

何とか追いつきたい我がチーム。3ピリでは1年FW川上の連続3Pシュートや宮沢の速攻、岡村の3Pで1桁まで点差を縮めるのですが、エースFW西山が空回りし、更にはM成瀬中⑥⑳にインサイドを決められ波に乗れません。

焦る我がチーム。練習どおりにゾーンオフェンスが出来ない我がチームは徐々にフラストレーションが溜まり、4ピリにFW西山が単発プレイに走り始めたところで大沢と交代させ、ここで勝負あり。

最終スコア34-58で予想以上の点差をつけられて4戦目も敗退。2敗目となった我がチームはこれで3月末に予定されている3位決定戦以上の試合が無くなり、これで今年度の総合大会は終了することになった。

※個人名は変えてあります

|

« 総合大会3戦目 | トップページ | ここまでの反省 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 総合大会3戦目 | トップページ | ここまでの反省 »