« コンラッド東京 水月スパに行ってみた | トップページ | 今回も @桃華楼 »

2012年2月20日

多摩大会が終り

成長した姿を見せることは出来たものの、多摩大会が終ってしまうと選手達のテンションが下がってしまいました。

この大会に向けて煽ってきたのですからこれは仕方ないことですが、いつまでも下を向いているわけにはいかないので、早速この大会の試合データー(数字)と試合ビデオを見て反省することにした。

この大会では1年生FW川上がスタメンデビューしたことがチームにとって大変大きな出来事であり、ビデオで彼を見ても1年生らしくない躍動感溢れるその動きは、多くの2年生に衝撃を与えたことでしょう。

ただ、一番それを感じて欲しかった2年のFW阿部ですが、残念ながらインフルエンザに感染してしまい、今週は学校に来れなさそうです。

さて、選手達は自分達の姿をビデオで見ると色々な声を上げるのですが、ブチブチ念仏を唱えるように見ていたのはPFの西山でした。

チームのエースであり得点源である西山ですが、ここ最近は試合中のシュート確率が思うように上がらず、いらいらしている様である。

これは西山だけではなくセンターの細野も同様であり、これはもう少し練習のなかでゴール下シュートとオフェンスステップを使った練習をした方が良さそうである。

そこでこの反省から、ミーティング明けの練習より新たにゴール下ドリルとペイント内でのオフェンスステップの練習を入れることにした。

ゴール下練習はローポスト付近からの、「たて足ステップ」をベースにした簡単なシュート練習で、規定時間内に左右1ステップを入れながら数多くのシュートを入れるもので、これをベースライン側とフリースローライン側の両面で練習をした。

更にペイントエリアの少し前で、1フェイクからのパワーステップを使ってレイアップやステップインをする練習も行った。

平日の練習で体育館を使えるのはほんの数日ではありますが、意識して練習すれば短時間でも何か得るものはあると思うし、何より練習しないよりした方が全然良いわけですから、とにかくここでは練習あるのみです。

そして多摩大会が終ったということで、急遽週末に市総合大会の予選リーグ残り2試合を行うとのアナウンスがありました。

この2試合とは現在予選リーグ2勝中の我がチームと、同じく2勝中のS光寺中、M成瀬中の3チームでの試合です。

同じ様なレベルでの試合ですから接戦・苦戦は必至です。

スタートの阿部がインフルエンザで得点力を欠いている我がチームですが、多摩大会の反省点をどこまで表現できるかが楽しみです。

※個人名は変えてあります。

|

« コンラッド東京 水月スパに行ってみた | トップページ | 今回も @桃華楼 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンラッド東京 水月スパに行ってみた | トップページ | 今回も @桃華楼 »