« エントリープレイの導入 | トップページ | 平日練習0202 »

2012年2月 2日

女性刑事が主人公〜ストロベリーナイト

兄貴が好きな作家の一人 誉田哲也氏の これまた 兄貴の好きな 姫川シリーズ

女性刑事 姫川玲子が主人公の警察モノです。

事件や背景に意外性があり、主人公 姫川が 彼女特有の勘の鋭さを発揮して事件を解決していくストーリー展開は 非常に面白い人気のシリーズです。

が、正直言って 好き嫌いが分かれると思うのは 小説の描写が 非常に”グロい” んです。

”話は面白いけど テレビや映画化は 難しいよね~”
と 我が家では 評価していたのですが、 1年ほど前に ストロベリーナイトが ドラマ化され 驚きました。

兄貴が記事にしたとおり 姫川シリーズの続編には 期待半分 諦め半分だったのですが、
この1月から 連続ドラマ ストロベリーナイト として放映されています。(毎週火曜日夜9時 フジテレビ)

ドラマ名は ストロベリーナイト ですが、 原作は 姫川シリーズの ”シンメトリー”、”ソウルケイジ” です。

配役は 特番のストロベリーナイトを引き継いでいます

もちろん 我が家は 第1話からしっかり見ています。

が、やはり インパクトの強い原作があるものの ドラマ化は難しい。

2話目の ”右では殴らない”は 非常にシンプルな原作ストーリーなのですが、TVドラマ用に事件を足して話を膨らましているのですが、個人的には 蛇足だったように思います。

今週放映だった 3話目(放映は4話と5話の前後編)の”過ぎた正義”も原作部分は既に前編で語られてしまいました。
来週放映分は スピンオフ作品の ”感染遊戯”の一部もでてくるのか、はたまたTV用エピソードが加えられるか、、、
楽しみでもあり、がっかりが怖かったりして、、、

誉田作品独特の グロさ は 大幅に控えられている分 登場人物に個性を出そうとしているのかもしれませんが、その点も少々気になりますね、、、
これから どう展開していくか、楽しみに見守りたいと思っています。

|

« エントリープレイの導入 | トップページ | 平日練習0202 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エントリープレイの導入 | トップページ | 平日練習0202 »