« 2012週末の桜 | トップページ | ルーキーデビュー戦 »

2012年4月10日

大学練習試合0407

桜の花が咲き始めた7日。大学バスケチームは練習試合に出掛けることになった。

対戦相手は関東リーグで2部と格上のK澤大。一昨年までは同じリーグに所属していたのだが、選手達の個人能力の高さと高い戦術でリーグ優勝を果たし、昨年度はあともう少しで1部との入替戦にまで絡むところまでいったチームです。

会場に入ると我がチームより背の高い選手達がアップをしています。

コーチと話をすると4年生のエースであるB君がこの日は就職活動でいないということでしたが、それでも我がチームと比較したらその大きさは歴然としています。

一体どうなるのでしょう。

試合はお互いマンツーマンで始まる。相手はこちらのチーム状況は把握している様で、その上で負けられないいう強いオーラを感じることが出来た。

そしてその強い気持ちが立ち上がりのディフェンスに現れ、当たりの強いK澤大に対してこちらはスムーズにボール運びが出来なくなりミスプレイを繰り返す。

たまりかねたこちらはオールメンバーチェンジでスタメンに喝を入れるが、その間にも得点差が開いてしまいます。

またこの試合は練習試合ということもありお互い審判を出し合いながら行ないましたが、強い接触に笛が鳴らず、自然と荒れた展開となり何を練習しにきたのか分からない状態に…。

接触に慣れてきた2ピリ以降はほぼイーブンの展開で進みましたが、そうなると1ピリでの立ち上がりに大きな課題が残りました。

1試合を終えた後はリザーブでの10分試合を何本か行なってこの日は終了しました。

途中荒れた展開になったのは残念でしたが、2部のK澤大から今回学ぶことは沢山あり、特にマンツーマンにおける強い当たりについては普段の練習から行なわないと身に付かないことでしょう。

またインサイドの弱い我がチームとしては数少ないセンタープレイヤーをどう使って、どこで休ませるかを考える練習になりましたが、いずれにせよ今の体力ではリーグ戦で勝ち抜くのは難しい。

ただ戦うのは選手なので、今回の試合から得た反省具体的に考え、是非次の練習から活かして欲しいと思います。

|

« 2012週末の桜 | トップページ | ルーキーデビュー戦 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012週末の桜 | トップページ | ルーキーデビュー戦 »