« うかれるな! | トップページ | もうすぐ大学トーナメント戦 »

2012年4月27日

やはり売れているのか〜CX-5

以前より注目していたクリーンディーゼル車。

もともと日産エクストレイルを保有していた私としても、もっと早く日産が商品化してくれていたらスバリストにはなっていなかったかもしれない。

現在保有しているスバルフォレスターには何の不満も無いし、現在買い替えるつもりも無い。

でもや興味・関心だけは隠すことが出来ない。

今最も興味があるのはマツダCX-5である。

ここ最近のマツダはデザインが斬新で素晴しいと思う。

ただ燃費についてだけはgoodとは言えなかったのだが、スカイアクティブ・テクノロジーを発表し、その搭載車については話は別だ。

また前回の東京モーターショーで展示されていたCX-5もいよいよ発売され、これに搭載されたクリーンディーゼルエンジンには大変興味があります。

これまで問題視されていたディーゼルエンジンの黒煙問題はクリアされ、排出ガスのクリーンさやエンジン機能の高さ、そしてこの車両にはアイドリングストップ機能までついているのだから「凄い!」と言うしかない。

実際販売台数もガソリン車よりもディーゼルエンジン車の方が売れていて、SUVタイプの車両でありながらマツダの社運をかけられる程の売上げを見せているのだから開発者は大いに胸をはれることだろう。

今はまだ道路で見かけることは少ないのだが、これからどんどん走る姿を見れることだろう。

ああ、それにしてもスバルはクリーンディーゼルを出さないのかな?

新レガシーには新しいターボエンジン(ガソリン)が搭載される様だが、今のところレガシーを買う予定は私には無い。

例のスポーツカー(BRZ)は調子良いみたいだが、これも現状購入予定は無い。

やはり新フォレスターに期待したい…(思うだけならお金かからないしね)

|

« うかれるな! | トップページ | もうすぐ大学トーナメント戦 »

∞兄貴 to 車好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うかれるな! | トップページ | もうすぐ大学トーナメント戦 »