« 氷上、卓上に興奮! | トップページ | 今週は競泳ウィーク »

2012年4月 2日

新しいプレスの練習

4月中旬から始まる中学バスケの春季大会。恐らく今週末には大会の具体的な組合せがはっきりすることでしょう。

1つでも勝ちたい我がチーム。30日の練習ではディフェンスのバリエーションとして、新たにチームディフェンスを1つ取り入れました。

それはハーフ付近(具体的にはコフィンコーナー)でのトラップをしかける1-2-2プレスです。

このディフェンスは前のチームではよくやっていた形ですが、このチームになってからは始めてであり、まずはこのディフェンスの狙いを理解してもらい、次に実戦に入ることにした。

ポイントとしては、相手オフェンス(ボールマン)に対して、フロントコートへ入るパターンをドリブルエントリーに誘導し、両足がフロントコートに入った瞬間にダブルチームを仕掛けて、そこからのミスプレイもしくはパスカットからの速攻を狙うものである。

これは上手くはまれば連続して速攻を出すことが出来るし、何より相手ボールマンに対してどうやってフロントコートへボールを持ち込ませるかを考えさせる時間を作らせることで、試合の流れをこちらに傾けることが可能になってきます。

まあしかし、それはこのディフェンスを練習をし、ちゃんと使いこなせる様になってからのお話であり、上手くこちらの狙い通りに誘導出来ないと簡単に攻め込まれてしまうだけでなく、ディフェンスでのファールを増やしてしまうかもしれません。

ただ、このディフェンスを導入することにより、我がチームとしてはフルコート→3/4(スリークオーター)→ハーフからという3種類のプレスを身に付けることになるので、ここ一番で有効的に使える様になって欲しいと考えています。

また春休みでの練習では普段使用出来ないオールコートでの練習をすることが出来、更に練習学校がある時と比較したら、倍近くの時間(いつもの放課後と比較して)を練習をすることが出来ます。

そうなると主に試合に出る上級生だけでなく、下級生も上手くなるチャンスが増えるというもの。是非この機会にチームの底上げが出来る様に選手の皆には頑張ってもらいたいと思う。

|

« 氷上、卓上に興奮! | トップページ | 今週は競泳ウィーク »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 氷上、卓上に興奮! | トップページ | 今週は競泳ウィーク »