« 新しいプレスの練習 | トップページ | 初の表彰台おめでとう! x3 !!! »

2012年4月 3日

今週は競泳ウィーク

先週は世界卓球と世界フィギュアで TV前から離れられませんでしたが、続いて今週は 競泳一色の予定(笑)
昨日から全日本選手権が開催されています。

今年はオリンピック代表選考を兼ねる 大事な、そして非情ともいえる大会
オリンピックを目指して それぞれに 4年間なり、1年なり、頑張ってきた成果がこの大会のレースで決まる。

決勝で勝つこと(上位2名)と、派遣標準記録を突破する 2つの条件をクリアすれば、オリンピック代表が確定する。

今大会は日程も7日間と増え、オリンピックを想定した日程(予選、準決、決勝の日程)になっている
派遣標準記録もそうだが、日程/記録ともこなせてこそ 世界で勝てるとの判断だろう。

初日の予選から キング 北島康介選手が登場し、ニュースを賑わせているが、初日の決勝種目から好レースが展開され、男女400M個人メドレーで4人の代表選手が内定した。

最初の決勝種目 男子400Mメドレーは いずれも成長著しく、誰が勝ってもおかしくない、垂涎ものの顔ぶれ
世界水泳の銅メダリストで第一人者の堀端裕也選手(日体大)と 新高校3の 萩野公介選手(作新学院)と瀬戸大也選手(埼玉栄)との対決

予想どおり3人が終始日本新を上回るレース運びで競り合う。
この中で レースをリードしたのが 萩野選手
苦手なバタでも喰らいついたのが、勝利に繋がった
得意の背泳ぎでトップにたつと、平泳ぎで瀬戸選手の、自由型で堀端選手の追撃をかわし、日本新で優勝した。

3位の瀬戸選手は 派遣標準記録を突破したが、上位2名の条件をクリアできず、悔しい結果となった。

女子個人メドレーも 高校生チャンピオンが誕生
大塚美優選手(新高3)が積極的なレースで こちらも 猛追する髙橋美帆選手(日体大)から逃げ切り 高校新で優勝
平泳ぎまで 大塚/髙橋選手は日本新も狙える位置だった

とっても残念だったのは 男子400M自由形
期待の大学ルーキー 日高郁弥選手が自己ベストで優勝するも 派遣標準記録に1.5秒及ばず(遅れる)
前半から積極的に行ったが、200M過ぎから一人旅になったのが惜しかった。
競り合う相手がいれば タイムが出たのでは、、、と残念でならない。

日高選手は 今日の200M自由形でも4位に入ればリレーメンバーとして代表のチャンスがある、、、と思っていたが、準決勝に進むことができなかったようだ。
日程的にタイトだったが、100Mに希望を繋ぐか???

大会2日目には 予選から 松田丈史選手、古賀淳也選手、入江陵介選手ら トップ選手が登場
女子平100Mでは 渡辺香生子選手の泳ぎに注目
夜は 北島康介選手の 平泳ぎ決勝がある。

決勝は NHKで ライブ中継があるのがありがたい。
(準決勝は NHK BS)
速報は 大会サイト か  スポーツナビ


|

« 新しいプレスの練習 | トップページ | 初の表彰台おめでとう! x3 !!! »

#競泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新しいプレスの練習 | トップページ | 初の表彰台おめでとう! x3 !!! »