« ボン・グー・コクブ | トップページ | 上高地では猿に注意 »

2012年7月12日

ミーティング0709

試合で勝つ為のシュート力を身に付ける為に、練習(シューティング)の時点から数字(確率)を意識させる様にした今期チーム。

とは言え、あまり難しいことを要求しても続かないので、まずは今の自分達の数字を把握するところから始めました。

しかしあまりにのんびりやりすぎて成長が遅くても問題ですので、9日は通常の外練習をキャンセルし、大学バスケットの試合(ビデオ)を観ながらのミーティングを行ないました。

彼ら見せた試合は今年の春に行なわれた関東大学トーナメント戦の試合で、「東海大VS拓殖大」のカードでした。

これはJスポーツで放送していたものを録画したものですが、お互いに外角シュートがよく決まり、最後までどちらが勝利するか分からない大接戦になりました。

ただ、私は大学バスケチームの関係者でもあるので大学レベルは分かりますが、バスケを初めて数ヶ月から1年ちょっとの彼らにこの凄さが分かるかなぁ…?と少し不安ではありましたが、そこは男の子です。素晴しいプレイには歓声をあげ、点の取り合いとなった2ピリや3ピリでは1年生すら目をギラギラさせながら観る様になっていました。

ハーフタイムにお互いのスタッツが出ていたので、ここで2Pや3Pでのシュート率やターンノーバーの数などを具体的に見ることが出来、数字によって自分達との違いを客観的に判断出来たことでしょう。

興奮の1時間半でしたが、ただの興奮だけで終わらず、今後のシューティングに生きてくれたら良いなと思います。

またこの日のミーティングでは、今期チームの部長(梅山)と主将(川上)も決めることが出来、これで本当の意味で新チームが動き出すことが出来ました。人数は少ないながら1年生達もやる気がありますし、彼らにとって今期が本当に充実し、素晴しいものになる様に心から祈りたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« ボン・グー・コクブ | トップページ | 上高地では猿に注意 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

地底人様、コメント有難うございました。
やはりバスケは「シュート」ですね!
とにかくこれが決まらないと他が良く出来ても勝てません…
頑張ります!

投稿: 湘南兄貴 | 2012年7月13日 14:44

ウチのジュニアのコーチが、全中出場経験のあるコーチで、彼の指導は徹底的にシュートです。
もちろん、基本的なファンダメンタルも鍛えますが、シュートへのこだわりは半端ないです。^^;
時間を決めて、ただひたすらシュートを打つことや、チームで決めた場所からやはり時間を決めて何本いれるか、を競います。
これは私も高校バスケの指導に導入しているメニューです。
ほとんどが、1分半から3分のメニューであることも、集中力が増す要因なのかも知れません。

点が入ってのバスケですよねー。^^

投稿: 地底人 | 2012年7月12日 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボン・グー・コクブ | トップページ | 上高地では猿に注意 »