« 上高地に行ってきた(その2)〜 河童橋 | トップページ | 7号ボールに変えて »

2012年7月17日

上高地に行ってきた(その3)〜 田代池

Dsc_8106

その2からの続き)

ホテルに荷物を預けて 早速散策開始
上高地の散策ルートは 河童橋を中心に 2つ

ひとつは 河童橋〜明神池に行く 往復2時間のコース
もうひとつは 河童橋〜田代池〜大正池に行く こちらも 往復2時間のコース

当初は1日目に 大正池に行き、2日目に明神池に行く予定だったが 天気が夜からの雨の予報だったので
Dsc_8093
ホテル → 田代池 → 大正池 →(バス)→ 河童橋 → 明神池 → ホテル の やや強行軍に計画変更

足元はガイドブック通りの歩き易いスニーカー
それでも 都会のアスファルト道路に慣れていると 遊歩道といっても凸凹のある道はボディーブローのように足にきます

梓川沿いの遊歩道は幅も広く歩き易い
最初に ウェストンレリーフを目指す
ここがマップでは 河童橋から15分の距離

これが、、、Dsc_8104
想像していたより 遥かに小さくて 最初目に入らなかった(笑)
ガイドブッック等は近景で撮影してあるから。
周辺も木々が繁っていて 暗かったせいもあるかもしれません。

ウェストンレリーフを過ぎると 上高地清水屋ホテル と上高地温泉ホテル
この二つのホテルは 田代橋を渡って 帝国ホテル前のバス停が最寄りです。
上高地温泉ホテル付近では この時期 ホタルも見られるそうで、行くつもりだったのですが、生憎の雨になってしまいました。 

ホテルを過ぎ 田代橋を亘ると 自然研究路と呼ばれる林間コースになり、やや足場が悪くなります。

Dsc_8116
田代池は自然研究路を歩いて一瞬ひらけた場所にあります。(河童橋から40分)

土砂が流れ込んでくるため、今少しずつ埋まっている池です。
水の流れが速く 水は透き通っていますが、浅くこじんまりとした池です。
ガイドブックによれば 水面に穂高岳や霞澤岳が映る姿が美しいとありますが、アクセス可能な場所からは水面に映った姿はみれませんでした。
また、水に触りましたが、キリっとする冷たさでした。

田代池は土砂の流れ込みで湿原化が進行中
隣接の草原地帯は田代湿原と呼ばれています。
Dsc_8111
ここからも 穂高連峰の眺めが素晴しい

ここで小休止した後、再び自然研究路へ。
20分ほど歩くと 上高地のシンボルのひとつ 大正池です。

続く

 

|

« 上高地に行ってきた(その2)〜 河童橋 | トップページ | 7号ボールに変えて »

お出かけ後のふたり言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上高地に行ってきた(その2)〜 河童橋 | トップページ | 7号ボールに変えて »