« 有終の美!  | トップページ | 練習試合0805 »

2012年8月 6日

柔道 と JUDO

衝撃の 初日 福見友子選手の5位敗退から始まった 柔道競技
翌日には 福見選手と同様 金メダル候補だった 中村美里選手も初戦敗退という結果に暗雲ムードが漂う。

男子のメダル獲得と 3日目の松本薫選手の金メダルで なんとか意地をみせていたが、今大会の日本柔道は厳しかった。

男子は懸念通り 重量級に進むほどにメダルが遠くなり、女子も 最重量級で杉本美香選手の銀メダルで救われたが、メダル争いに加わることのできない惨敗だった。

我が家は単にスポーツ好きの長年のファンで、柔道に関しては選手の名前と経歴が分かるが、技にはさほど詳しくない
素人ファンのぼやきとなってしまうが、画面通じて見える日本人選手の当惑というか不安をもった戦い振りに、こちらまで 戸惑いを感じてしまう 

代表争いを演じたあの張り詰めた日本選手権とどうしてこうも違うのか。
やはり オリンピックは ”柔道” ではなく ”JUDO” だからか。 

日本のお家芸と言われた 柔道は オリンピックの正式種目になり、国際大会も多数開催され、もはや 柔道とは違う JUDO というスポーツになってしまったと言われている。
その流れは アテネ五輪以降 まず 男子の重量級で顕著になり、今大会では 男子の軽量級だけでなく 女子までその流れがきてしまったようだ。

世界選手権(世界柔道)でチラっと感じた 違和感は 今大会ではっきり感じた。
日本国内で日本人選手対象に開催される大会と 外国人選手が参戦する大会とでは 違う
誤解を恐れず言えば、 JUDO は 柔道着を着た総合格闘技だ。
きちんと組み合わなくても 技をだそうとする。

日本勢の不振を 一本に拘る日本柔道と ポイント重視の外国勢として解説しているメディアもある
中継解説でも 「組み手が取れない」と 敗戦・劣勢理由を言っていた。

負けてしまった日本人選手は まともに組み合うこともできずに、徐々に相手の返し技に慎重になり技を出せなくなっていった。
”消極的指導”を受けポイント不利になっっていった。
そして 終盤の焦りから 不用意に返し技をくらい、ポイントで負けてしまう。
ポイントで優位に立った相手は、一層強固に組み手阻止をして 日本人選手は試合をさせてもらえない。

日本勢が拘る 一本は 相手が正面から組んでくれれば キッチリ決まる。
そういう 柔道をする選手(国)もあった
しかし 優勝・メダル争いをする選手は そういう柔道をしない。
組んだら負けると思えば 組み手をせずに勝つ方法を考えるのは自然なことだ。

これは 今大会から始まったことではなく、すでに 世界選手権等でも散見されたことだ。
不甲斐ないと思うのは そういう試合運びに有効な対策を講じてこなかったように思えることだ。
テレビの解説でも 「なんとか 利き手をとって 技を出して欲しい」と言っていたが、そもそも 組めないのだ。
組めないのに 技を出せというのは 無理なことだ。
奥襟をとられる、袖を絞られる、、、こういう組み手争いをされたら、どう対応するか 明確な対策を準備していなかったように思える。

また、組み手をしないという、ある意味防戦状態の相手が 時折みせる小さな技掛けを評価され 日本人選手が消極的と指導されてしまうことも悔しい。

国際ルールや ポイントの出方に対しても 上手い対応ができていなかったのでは、、、と思ってしまう。

一本で決めるという日本の美しい柔道に拘ることは悪いことではないと思う。
でも、本家の柔道をしていれば 勝利に繋がるというほど甘くない。

国際的スポーツとなり、五輪種目となった以上 多くの人種・国で楽しめるよう ルールも制定されているのだ。
今大会 日本柔道だけ 違うルールで行っているように 浮いていた
それが勝利に結びつけばいいが、そうはならなかった。
日本柔道をガラパゴスと例える記事もあったが、日本柔道はレベルは高いが、国際大会では評価されなく(通じなく)なってきているのだろうか。

”柔よく剛を制す”、、、
一本こそ美という柔道に拘りすぎて 日本柔道は”剛”になってしまってないだろうか。

|

« 有終の美!  | トップページ | 練習試合0805 »

#スポーツ観戦席での独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 有終の美!  | トップページ | 練習試合0805 »