« 新潟は熱かった! | トップページ | 有終の美!  »

2012年8月 4日

うれしい銅!、悔しい銀!

熱戦が続く ロンドン五輪
エース北島選手の3連覇は叶いませんでしたが、日本競泳陣は 連日 決勝レースに残り メダルを獲得する期待どおりの活躍をみせています。

萩野選手の日本新連発の銅には その急成長ぶりに驚き、寺川選手、立石選手の念願のメダルに涙。
鈴木選手、星選手のメダルには、こちらも幸せになり、松田選手の2大会連続銅には 悔しさの混じった喜びでした。

大会3日目 背泳ぎ 入江選手の100M 銅メダル には うれしい驚きでした。
後半の泳ぎの伸びが持ち味の入江選手は 200Mが専門
100M専門でエントリーする選手も多い中、100Mでメダルは厳しいかなと思っていました。

スピードとパワーで押し切っていく100Mと 後半の伸びを生かす200Mは 同じ背泳ぎでも 全くの別物だという。

特にパワーを武器に高速化が進む最近のレースでは スタートと50Mのターンでつけられた差を埋められないことがあった。
200Mなら後半に落ちてくる選手もいるが、100M専門の選手は一気にゴールまで行ってしまう。

この日のレースも 50Mのターンで入江選手は6位
このまま 逃げ切られてしまうかと思った。

が、ラスト5Mに集中していたという入江選手
後半にかけて ぐいぐいと加速し ゴール直前に一気に3位に飛び込んだ。
入江選手のタイムは52秒97
2位の選手と0.05秒差、4位とは0.1秒差という接戦だった。

昨年100M背泳ぎで圧倒的強さをみせた ラクール選手(仏4位)を抑えての表彰台
200Mで ロクテ選手(米)を倒すために取り組んだパワー強化が 苦手としていた バサロに力強さを与えて、スタート、ターン後の差を最小限に留めていたのが勝因だろう。

なにより 連日の好記録の日本競泳陣の流れに勢いつける銅メダルだし、メダルに届かなかった北島選手の悔しさを挽回してくれた表彰台
メダルを狙っていたというが、本人にとってもうれしい3位だったようだ。

そして 満を持して臨んだ200M決勝は6コース
隣(5コース)には 最大のライバル ロクテ選手
目指している金メダルのためには 絶対倒さなくてはならない相手

筋トレに本格的に取り組んで 相応の自信を持って臨んだ昨年の世界選手権
しかしロクテ選手に明確な力差をみせつけられ完敗だった
果たして その差を埋められたのか・・・

入江選手は スタート直後から積極的だった
バサロのキック数も増え、バサロでの差をそれほどつけられなくなっていた。
入江選手のレース運びに力強さが加わった。

そして 美しいフォームから繰り出す滑るような泳ぎにも磨きがかかっていて 後半にはバサロでつけられていた差を帳消しにした。
置いて行かれることなく、ロクテ選手を射程圏内に置いて最後のターン
入江選手は僅差の3位で折り返す

入江選手がここからが強いのは 周知のこと
ぐんぐん追い上げる入江選手
多種目にエントリーしているロクテ選手の勢いが止まり 追いつく
が、4コースのクレアリー選手(米)も好調だった。
3選手がほぼ同時にゴールにタッチ

入江選手は1分53秒78で2位
念願のロクテ選手には勝ったものの、クレアリー選手(1分53秒41)に僅か0.3秒追いつかなかった。

ロクテ選手に勝った先にあったはずの金メダルは クレアリー選手に奪われてしまった。
その無念さががゴール直後から伝わってくる。
ガッツポーズはなく 掲示板をみた直後の表情は困惑顔
そして 静かに悔しさを静めるように宙をみた
笑顔はなかった。

レース直後のインタビューでも はっきり 「後悔がある」と語った。

1年前はロンドンで勝てないと思うほど完敗させられたロクテ選手(昨年世界選手権)に勝った
この1年間にどれほど努力を積み重ねてきたのだろう。

金メダルを手が届く位置にまで引き寄せた。
実際 手が届きかけていたと思う。
それだけに 悔しい 銀メダルだった。
その悔しさが 画面を通して伝わってくるから こちらも 本当に悔しい

その後伝えられる報道では 入江選手は 競泳界のエースとしてチームを引っ張り リオを目指すようだ。

緊張に押し潰されインタビューに答えられなかった北京五輪
予想以上の力差にショックを受けた上海の世界選手権
あの完敗があったからこその 銀メダルだった
だから、ここまでこれた。

そして これからの4年間でさらに強くなってくれるはず
追われる辛さが加わるが、、、
リオでは26歳
表彰台の中央に立つ 入江選手が今から楽しみだ

|

« 新潟は熱かった! | トップページ | 有終の美!  »

#競泳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟は熱かった! | トップページ | 有終の美!  »