« 大会会場で購入! | トップページ | 新潟は熱かった! »

2012年8月 2日

強化ポイントとして

先日の中学バスケの練習試合ではっきりしたことがあった。

新チームは昨年度の延長からスタートしているので、いくらかは良い立ち上がりで行くことが出来たが、足りないものが沢山見えた。

その中でも「シュート力」や「試合経験」というものはこれから見につけていけば良いのだが、「確実なスクリーンアウトをする」という気持ちが今のメンバーに殆ど無いことが良く分かった。

これも経験しながら身に付ける内容の一つではあるのだが、対戦したM成瀬中の様な大型チームと対戦する時になど、このスクリーンアウトが徹底できないと全く試合にならない。

1対1のディフェンスで折角頑張っても、最初に落としたシュートをディフェンスリバウンドでゲットできず、簡単に相手に取られてしまってはこちらはカウンターのチャンスが掴めない。

結局勝てないチームというのはこのスクリーンアウトが出来ていないんだなと感じたシーンだった。

このことは練習試合をやる前に彼らの動きを見て感じたので1度練習に取り入れたのだが、危機感の無い新チームメンバーには私の言っている必要性を具体的に感じることが出来なかったのだろう。

しかし今回このM成瀬中に押し込まれてしまったので、少しはその必要性を理解してくれたことだろう。

これ以外にも練習したシュートやパス・ドリブルをどこでどう使用するかなどの「セレクト」の問題もある。

期待していたFW陣はこのセレクトが悪く、なかなか思う様に攻め入ることが出来なかった。これもじっくり練習していかないと身に付かないことだろうが、これからお盆までにいくつかの練習試合をする機会を作ったのでここで練習して身に付けて欲しい。

課題は山積みですが今月末には市の夏季大会もありますし、ここで納得の行く内容を表現出来る様に日々の練習を頑張りたいと思います。

|

« 大会会場で購入! | トップページ | 新潟は熱かった! »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大会会場で購入! | トップページ | 新潟は熱かった! »