« 大学練習試合 | トップページ | 夏季大会2日目 »

2012年8月29日

夏季大会初日

早いもので今季の中学バスケチームも26日、夏季大会を迎えることになった。

この大会は10月に行われる市新人大会のシードを決めるための大会なのだが、市内の中学が参加する為に今年の勢力図が見えるとも言えます。

試合は8-2-8分のハーフゲームです行われ、我がチームの気になる初戦はY崎中です。

ここは数年前に顧問が異動してからまともに活動が出来ていないという情報を耳にしていましたが、6月の選手権大会には下級生主体チームで出場しており、これは油断するわけにはいきません。

とはいえ、いつも通りのことしか出来ませんから、いつも通りに戦うのみです。

スタートは松田・川上・佐々岡・田中・三井で、オールコートマンツーマンで入る。

ジャンプボールの後から早速川上がドライブを決めて先制。ハートの弱い川上が最初のレイアップを決めるというのは幸先良いと言えます。

シュートを決めた後はディナイポジションからのカットプレイや、エンドフォーメーションからのゴール下シュートを川上・田中が連続して決め、その差が一気に開き始めます。

この勢いはメンバーを替えても変わらず、前半8分を31-0で終わりほぼ勝負が決まります。

後半(8分)もスタートを使って勢いに乗り、途中ベンチメンバーを全て使いながらも最終スコア66-1と快勝することが出来ました。

聞けばY崎中の多くは1年生だということですが、まあこれは勝負なので仕方ないことでしょう。

しかし取り合えずは初戦でありながら練習した内容を表現することができ、更には快勝出来たことは素直に嬉しいと思います。

ただし、翌日27日に行われる決勝トーナメントでは予選を勝ち抜いたチームが上がってくるので今回の様な展開にはならないでしょうが、強い相手でもくじけずに戦って欲しいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 大学練習試合 | トップページ | 夏季大会2日目 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学練習試合 | トップページ | 夏季大会2日目 »