« 徳洲会病院にタリーズ | トップページ | 関東リーグ第2戦 »

2012年9月 4日

関東リーグ第1戦

9月1日。今年も関東学生バスケット男子リーグ戦が始まった。

例年1部リーグの試合は他より1週遅れで始まるのだが、今年は2部以下と同じタイミングでのスタートとなった。

気になる我がチームの対戦相手は昨年度4部リーグを優勝し、今期3部に上がってきたY梨学院大(以下YGUにて)です。

YGUは196cmと203cmと非常に背の高い中国留学生が二人おり、この高さは我がチームには無いものです。いったいどんな戦いになるのでしょう。

試合が始まるとYGUはその高さを武器に攻め込んできます。

リーグ初戦で緊張していた我がチームメンバーは、この「高さ」に対して力で対抗しようとしてブロックされ失速。対するYGUは高さを使いながらもミドルも上手く決めて試合を優位に進めます。

ただ、高さはあれどもガード陣のスピードや技術は我がチームの方が勝っていた様で、YGUのメンバーの疲労度が目に見えるように明らかになり、次第に我がチームのペースとなる。

前半は34-24と10点差で追いかけるYGUでしたが、3ピリの立ち上がりでは我がチームのトランジッションに付いていけず一気に差が開き始めました。

リーグ上位校に対しても通用した我がチームの素早い切り替えからの速攻は、いかに高さのあるYGUといえども抑え切れるものではなく、3ピリを終えて65-43と22点差が開いた。

4ピリではなかり疲れの見えるYGUを見ながら徐々にメンバーを交代し、最終的にベンチメンバー全てを使ってこの試合を98-72で勝利した。

リザーブにはこれまで公式戦で出場機会のなかった4年生が多く含まれていたので、彼らの公式戦デビューと初得点で大いに会場は湧きましたが、また翌日には試合があるのでまた気持ちを切り替えて試合に臨んで欲しいと思います。

|

« 徳洲会病院にタリーズ | トップページ | 関東リーグ第2戦 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徳洲会病院にタリーズ | トップページ | 関東リーグ第2戦 »