« ビストロ ミル・プランタン | トップページ | GARB @江の島 »

2012年9月 9日

藤沢新駅 と さがみ縦貫道路

「JR東海道線大船―藤沢間の新駅構想について藤沢市は6日、想定する新駅を中心とした周辺9・6ヘクタールの整備計画案を明らかにした。」 (2012.09.07 カナロコ より)

・・・だそうです。

それも 藤沢市の発表 です。

新駅構想・・・ これは 藤沢市の東側の村岡地区あたりでの 駅の構想です。
突然湧いてきた話ではなく、すでに30年近く前から 時折噂としてささやかれてきました。

当初は 村岡地区住民が旧貨物駅跡地に「根岸線(東海道ではなく)の延長」を求めていたようですが、JRから難しいとされたそうです。

その跡地は 商業施設(ハウジングプラザ等)やフットサル場となっています

最近 武田薬品が工場から新研究所を建築し、近隣に跡地があることから、またまた 「新駅」の噂が聞かれるようになっていました。

大体、大船ー藤沢間が 約5分の乗車区間
東海道線では戸塚以西では 通常の駅間の乗車時間
ここに 新駅を作る 必要があるのかなぁ・・・と率直に思う。

また 新駅とされる候補地は確かに空地ですが、その周辺、特に村岡地区は近年急ピッチに開発が進んで、ある意味出来上がった地域です。

新駅ができるとなれば 当然周辺道路の整備や区画整理も行われ、場合によっては 土地の収用もあったりする。
ようやく 落ち着いてきた村岡地区の人はこの話を歓迎しているのだろうか・・・と疑問に思ったりする。

先の カナロコの記事では 「2014年度の都市計画決定、15年度にも事業認可を受けた上で着手を目指す」そうで、 
新駅周辺は 「武田薬品の研究所などを含め、周辺には企業の研究開発機能がある。同様の機能をこの地域に集積させたい(市の担当者)」

穿った見方をすれば 武田薬品の研究所誘致の条件に 新駅を提供した、、、ようにも思えるのですが・・・

新駅といえば、東海道新幹線の倉見新駅構想
神奈川にもうひとつの新幹線停車駅を、、、と藤沢市役所前にも垂れ幕がかかっています。
個人的には 倉見へ電車で行くのが不便なので、勝手にどうぞ、、、のスタンスです。

現在の 相模線倉見駅 近くに東海道新幹線が通っています。
その東海道新幹線が さがみ縦貫道路の開通に影響を与えているようです。

最近の 国土交通省HPに掲載されている 開通予定は 次のとおり

茅ヶ崎JCT~寒川北IC:2012年度開通予定
寒川北IC~海老名南JCT:2014年度開通予定
海老名JCT~海老名IC:2010年2月27日開通
海老名IC~相模原愛川IC:2012年度開通予定

 当初予定が遅れて 2012年度開通となっていましたが、一応 今年度中に大半が開通します。

が、よーーーく見ると、茅ヶ崎JCT → 海老名南JCT のうち 寒川北から海老名南は もう2年遅れる見込みなんですね。
東名に繋がる一番大切な 海老名南JCTまでは湘南エリアからはまだ利用できない・・・

土地の収用がまだ遅れているのか・・・と思ったら、土地収用は完了したが、JRとの交渉がネックとなっているらしい。
一番は さがみ縦貫道と交差する 東海道新幹線と 相模線への影響させないで工事をするので その調整に時間がとられていること。

なんかねぇ・・・
上手くいかずに、事業費ばかり増えて言っている気がするんだけど。

|

« ビストロ ミル・プランタン | トップページ | GARB @江の島 »

湘南大好き♪ 藤沢♪」カテゴリの記事

ガールのぼやき、兄貴の嘆き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビストロ ミル・プランタン | トップページ | GARB @江の島 »