« 大学リーグ第10戦、第11戦 | トップページ | 通常練習1003 »

2012年10月 4日

練習試合0929

9月最後の土曜日。我が中学バスケチームは練習試合をする機会を得た。

対戦相手は同じ市内のS光寺中と、お隣H王子市のM上中である。

ここ最近S光寺中男子は強かったのだが、今年はミニバス経験者とはいえ1年生が多く、かなり体格で劣っている感じがした。

しかし小さくてもバスケはシュートが入るかどうかが重要であり、練習を見る限りその点では問題無さそうだ。

一方M上中だが、この日は主要メンバーが怪我のためにベストでは無い様だが、初めての対戦でもあるし、しっかり大型選手もいるので、その情報は我がチームには関係なさそうだ。

試合はまず始めにM上中と対戦した。どんなチームかは分からなかったが、起こしから2-3ゾーンを敷いてきた。

これまで新チームではゾーンオフェンスに関わるポジション別のシューティングだけは行ってきたが、まだガードとセンターの「合わせ」をしていなかったので、このゾーンを上手く攻めることが出来ません。

しかし上手く攻められないのならば、こちらは高い位置からのプレスの練習をさせてもらい、これが機能してからはこちらのペースに変わります。

またM上中がマンツーマンにしてからはエントリープレイを使いながら攻められることが分かり、練習の成果が出て良かったと思いました。

そしてS光寺中との試合ではFW川上が好調な時には問題無く攻められるのですが、彼が抜けた時間帯ではCFの田中や三井らインサイド陣がゴール下を外しまくり、折角のチャンスで突き放すことが出来ません。

ただ、川上を外した時間に佐々岡や浅山らFW陣のポジションを変えながらでもプレスディフェンスが機能したことは評価したいところ。

これは今回だけでなく、今後の練習でも色々ポジションを試しながら適性を見てみたいと感じました。

とは言え、これで新人大会まで練習試合の予定が無くなってしまったので、チームを進化させるには普段の練習でもっと実戦を意識したものに変えていかなくてはいけないでしょう。

練習内容の要検討です!

※個人名は変えてあります

|

« 大学リーグ第10戦、第11戦 | トップページ | 通常練習1003 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学リーグ第10戦、第11戦 | トップページ | 通常練習1003 »