« 出雲で 神風が吹いた | トップページ | 休日練習1008 »

2012年10月11日

2012出雲駅伝

1区から優勝候補が遅れる 波乱のあった 今年の出雲駅伝 (大会結果

優勝候補 筆頭の 駒沢大は 前半が全てだった。
1-3区で 苦しみ アンカー 窪田選手 が 区間賞のオムワンバ選手と3秒差の区間2位の走りをしても 5位に順位を上げるのがやっとだったのは 残念だった。

窪田選手には トップ出岐選手が見える位置で襷が渡り、猛追・つばぜり合いを見たかった、、、と 思った駅伝ファンは多かったはず。

3冠の夢断たれた駒大ですが、次の駅伝 全日本での連覇に臨みます。

連覇を狙った 東洋大は 4区の設楽悠太選手で トップに立てなかったのが悔やまれる。
連覇はならなかったが、 収穫もあった。
青学大 久保田選手と並ぶ 今年の注目ルーキー 服部選手も 期待に違わない区間2位の 走りだった。
6区で 駅伝デビューだった 高久選手も 区間新と 東洋大の層の厚さを感じさせた。

久しぶりにワクワクさせてくれたのが、 中央大と 順大だ。

1区で 好位置につけたとはいえ、アンカーまで 大きなミスのないレース展開で 中大は 3位と シード獲得
もっとも、中大は 箱根駅伝連続シードの記録を更新中で シード獲得(=出雲出場権)が絶対使命ですから、関係ないか。

中大も 1区の代田選手の区間賞で 波にのった。
2区ー4区の1,2年生がよく頑張って 先頭との差を最小限に留め、終始テレビに映る位置をキープ。
エースの 新庄選手(2年)や ロードに強い須河選手が 不出場での この結果は 全日本駅伝、箱根駅伝へと期待が膨らむ。

久しぶりの出雲参戦だった 順大も 5区まで5位、フィニッシュは 7位だった。
こちらも 小澤選手ら実力者がエントリーからはずれての順位です。
アンカー 西郷選手(2年)が オムワンバ選手(山学大)や窪田選手(駒大)に 必死にくらいついて区間4位の成績
チームの底上げの成果がでてきているのかもしれません。

個人的には優勝に絡むと予想していた 明治大は 1区最下位を挽回することができなかった。
後半区間は ほとんど前の走者がみえない単独走で、辛い駅伝となってしまった。
全日本の巻き返しに期待したい。

|

« 出雲で 神風が吹いた | トップページ | 休日練習1008 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出雲で 神風が吹いた | トップページ | 休日練習1008 »