« 組み合わせ決まる! | トップページ | 出雲で 神風が吹いた »

2012年10月 9日

2次リーグ第1戦

10月に入り、大学バスケチームはリーグ戦の2次リーグに進出した。

これは3部リーグに所属する12チームで1度総当たり戦(11試合)をした後で、上位6チームと下位6チームに分けて5試合のリーグ戦を行なうもので、我がチームはこれを上位リーグ2位で迎えることになった。
気になる初戦。相手は個人能力の高いT京経済大(以下TK大にて)が相手です。

前回の対戦では立ち上がりTK大に押されるシーンが目立ち、結構ギリギリの内容で勝利しました。今回もその様な展開が予想されます。

試合が始まるとタイトなディフェンスから我がチームが先行します。
しかし入替戦進出に向けて負けられないTK大はインサイドを中心に得点をしてきます。
またこの試合では厳しい内容が予想される為か審判のジャッジも細かく吹かれ、その細かさに両チーム「ええ〜っ!?」という叫び声が聞かれますが、特にTK大はPGがファールトラブルで波に乗り切れずリザーブが必死に繋ぎます。
しかしこれは我がチームとしてはチャンスであり、競りながらも前半を35−33と僅かにリードして折り返す。
今回は接戦を想定してディフェンスを頑張った我がチームに対し、前回惜しいところで試合を引っくり返せなかったTK大としては、なかなか状況を変えられないところにフラストレーションが溜ったことでしょう。
後半もPF#92を中心にシュートを決めてきましたが、4ピリに入ると徐々に集中力が切れてき、最後は我がチームの粘り勝ちと言う内容に…。
こうして最終スコア84-65で我がチームが2次リーグの初戦に勝利しました。
今回の粘り勝ちの裏にはリザーブの活躍がありました。長期戦のリーグ戦ですから怪我や体調不良者が段々増えてきます。そんな中で地味にトレーニングを積んできている者(リザーブ)が結果を出すということは素晴しい。
次の試合でも大いに期待しています。

|

« 組み合わせ決まる! | トップページ | 出雲で 神風が吹いた »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 組み合わせ決まる! | トップページ | 出雲で 神風が吹いた »