« 収穫多い 全日本駅伝 | トップページ | 大学入れ替え戦・初戦 »

2012年11月 7日

厳しい船出

Cimg0879

箱根の予選会敗退から2週間
気持ちの整理がつかない中 迎えた 全日本大学駅伝

6月の予選会でやっとの思いでつかんだ出場権は 東海大にとって 今年唯一の駅伝となってしまった。
それは 4年生の最後の駅伝を意味する。

思うところはあるだろうが、昨年の日本大学のように 予選会の悔しさを力に変えて 臨んで欲しいと願っていた
が、 早々に発表された 主将 村澤選手の欠場で なんとも 宙ぶらりんな 気持ちになってしまった。

、”村澤選手、早川選手を伊勢路に連れて行く(=一緒に走りたい)”と奮起した全日本駅伝だったが、 当の村澤選手が欠場なのである。
ファンとしても、シード権獲得が目標とは分かっていても、なんとも定まらない気持ちがあった。

さらに、早川選手をアンカーに配置するオーダー
序盤の出遅れが致命傷になる、流れが大事といわれる駅伝で、もう1人のエースを最終区まで温存する選択をした

村澤・早川頼み、エース頼みの体質脱却が急務な東海大であるし、実際新チームは2枚エースなしで戦っていかねばならない。

Dsc_1968

東海大にとっての 今年 唯一の駅伝は 早川選手を前半に使わない、新チームで戦うことを選んだ
新チームの船出の大会になった。

そして 予想以上に厳しい結果を突き付けられた大会になってしまった。

1区中川選手は なんとか粘って 8位で襷リレー
初めての1区としては 最低限の仕事をした。
集団の中での牽制、ペースの上げ下げ、抜け出しの対応等 1区独特の走りを求められる中で 良く走ったと思う。

このまま、後続区間も粘って、できれば少しでも順位が上がれば、、、と願っていたが、2区のエース区間で12位に下がると 東海大は早々に 戦線から大きく後退してしまった。

それでも 3区ですぐ挽回し 前を行く 10位、11位に並ぶ走りができればよかったが、逆に41秒と一気に差を詰めれる距離ではなくなってしまった。

Dsc_2073

その後は ただただ 単独走での 駅伝となってしまい、特に初駅伝の3名には厳しいレースとなってしまった。
競い合わないからペースが上がらず、徐々に前との距離が広がっていってしまった。

後続ランナーには 白バイが1台つくだけ。
全日本では 監督が 数台のバスに分乗して ポイント毎に下車、選手に声を掛けるが、果たして 後退してしまった選手には どう対応していたのだろう。
いずれにせよ、前にも後ろにも ランナーがいない単独走の状態では 一人でレースをつくることを強いられる。

区間記録12位が並び、順位を上げるきっかけが掴めないまま 大会は終わった。
沿道で応援する側としても、一人旅でもがく選手をみるのは辛かった。
区間を追う毎に前との差も開き、孤独なレースの連続だった。

エース早川選手が登場した第7中継所では 前を行く大学との差がありすぎて、一部沿道の観客が帰り始めたのはショックだった

前年と違って 高速レースになったことも 不運だった。
選手には どのように 目標タイムが設定されていたかわからないが、複数の区間新がでたように タイムのレベルがあがってしまった。
単独走で目標タイムを目指して走るしかなかった選手達だが、控え目な(でも堅実な)タイム設定が裏目にでてしまったかもしれない。

レース後 両角監督は 「実力通りの結果」と評した。
確かに 走った選手の個の力の総和ではそうかもしれない
しかし、今年は 村澤選手ありきで チームを作ってきたはず。
 その「村澤選手が欠場せざるを得ない状態になった、またそれに対応ができなかった」のが予選会・全日本の敗因だったと思う。

特に 4年生にとっては、大会結果以上に 自分達が目標としたチーム作りが出来なかったのが残念ですね。

皮肉なことに 箱根駅伝の出場権がないため 新チームへの移行が例年より早くなります。
例年より 多くロードレースに参加することを 両角監督は示唆しています。

果たしてあのレース内容で得るものが多かったかは分からないが、少なくとも1年生に駅伝を経験させることができた

1年で復活してくるか・・・
選手達には 目標を明確にもって チャレンジしていってほしいですね。

今週末は記録会、来週は 上尾マラソン、、、
もう 来年に向けてのスタートは切られています

Dsc_1972

Dsc_1973_2駅伝に青春を感じるのは 中継所での表情と 襷渡しの瞬間
この一瞬の間に どんな会話が交わされたのだろうか・・・

(追記)
村澤選手は ジョギング等の練習で体力を落とさず 故障の完治を目指しているそうです。
既に春以降の実業団(日清グループ)をモチベーションにしているようです。つまり、村澤選手の復帰戦は早くても来春以降なのでしょうね>

|

« 収穫多い 全日本駅伝 | トップページ | 大学入れ替え戦・初戦 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

shizuka様

コメントありがとうございます。

村澤選手は 大学最終学年で怪我で駅伝・ロードシーズンを走れないのは残念ですが、じっくり時間をとって完治させて欲しいですね。

投稿: shonangirl | 2012年11月 9日 23:27

こんばんは。私は村澤選手がでないショックで、観る気おこらず、PCで結果だけ確認しました。東海大残念でしたね。そしてオリンピックに駅伝に、悔いが残ることが、多いと思います。私も箱根予選会敗退以外は、まだショックが多いです。ケガも完治していないので、毎日とても心配です。来年の春にむけて、動き出し、練習も少しずつ積めているみたいでよかったです。学生時代に試合がないのは、残念ですが、オリンピックでがんばりすぎた休養だと思っています。実業団にいかれたら、元気に試合復帰してほしいです。1日も早く元気な姿をみたいです。私は、どんなかたちでも、村澤選手が、走り続けるかぎり、応援します(^^)

投稿: shizuka | 2012年11月 9日 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 収穫多い 全日本駅伝 | トップページ | 大学入れ替え戦・初戦 »