« J SPORTSに感謝! | トップページ | ゴジラ引退 »

2012年12月27日

練習試合1226

12月も気が付けば26日になった。中学バスケチームの年内における活動もあと少しとなったのだが、この日は終日練習試合をする機会を得た。

今回は同じ市内のN大三中を会場として、O美林中やN瀬台中など同じ市内のチームや、区部にあるN大二中も加わり、合計7チームで練習試合をまわすこととなった。

我がチームの課題は、練習してきたディナイディを中心としたマンツーマンからの速攻と、相手のディフェンスを見てセットオフェンスをどう展開するかを素早く判断し、確実にシュートに繋げるというものである。

対戦相手も同じレベルのチームが多いので、普段練習の習熟度を客観的に判断するのに良い機会でした。
試合が始まるまではチーム関係者同士でのにこやかな腹の探り合いがありましたが、いざ試合が始まるとガチンコモードに変わる。
「選手と指導者の戦い」も見応えあるものでしたが、よくまあ1日中怒鳴っていたものである。
さて我がチームの試合内容ですが、8月の段階では大きく差をつけられた相手にも練習した速攻からリードを奪ったりするシーンも増えて、練習の成果を具体的に見ることが出来ました。
しかしながらセンター陣のゴール下シュートの確率の低さや弱いスクリーンアウト。更にガード陣の突破力の弱さが目立つところもあり、これは年明けの練習から修正したいところです。
ただそれでもディナイの徹底から相手の攻撃を簡単に寄せ付けなくなったところは評価したいところ。
まずまずの手応えを感じた今回の練習試合。
年内としてはまだ27日にも練習試合を予定してあり、これは学区外へ遠征となりますが、他地区での対戦でも練習したことが表現出来る様、選手達には張り切ってもらいたい。

|

« J SPORTSに感謝! | トップページ | ゴジラ引退 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J SPORTSに感謝! | トップページ | ゴジラ引退 »