« カラスの親指 | トップページ | 今年は広島か »

2012年12月 2日

頭では分かっているのだが…

新人大会の修正練習を日々重ねる我が中学バスケットチーム。

ここ最近での練習では1年生も少しずつ個性を見せ始め、だんだん面白くなってきました。

しかし1日の練習では大きな課題が見つかりました。

この日の練習ではオールコートが使えるということで朝山(兄)ら卒業生や西山・岡村等3年生が練習に来てくれて現役の相手をしてくれた。

普段のパターンとしては、一通り練習をした後にスクリメージを行い、ちゃんと練習したことが試合で表現できるかを確かめるのだが、この日のスクリメージではオールコートで守る先輩達に現役メンバーがボール運びで四苦八苦し、なかなか練習した内容を表現することが出来ませんでした。

特に苦しんだのは、バックコートからフロントコートで入れるパスで、これはいくつかのパターンを用意しているのですが、パスをするガード陣とボールを受けるセンター陣の呼吸が合わず、流れるような展開に至らなかったということです。

これまでの練習では狭いハーフでの練習が多かったので、センターの動き方については「オールコートでも対応できるように!」と口うるさく説明していたのですが、やはりオールコートでしっかり練習を積まない限り身に付きませんね。

上手くいかない時には何度もタイムを取りながら実践をさせたので、徐々に上達していったようにも見えますが、これは要注意ですね。相手が変わったらすぐに同じミスをしそうです。

そんな未熟なところが見つかり応援に来た先輩たちに感謝してこの日の練習は終わりました。

この具体的反省点を今週もしっかり練習し、次の週末に予定されている練習試合で表現できる様にしたいと考えています。

※個人名は変えてあります

|

« カラスの親指 | トップページ | 今年は広島か »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラスの親指 | トップページ | 今年は広島か »