« 市総合大会リーグ2戦目 | トップページ | ラティーダでランチ »

2013年1月23日

市総合大会リーグ3戦目

悔しい競り負けの翌日、我がチームは予選リーグ3戦目を迎えた。

今度の対戦相手はT川中です。T川中は昨年度から試合に出ていた大型センターを擁するチームですが、昨年末に骨折してしまったらしく、会場には来ていたのだが試合には出られない様子です。

しかしスピードあるPG#5や得点能力の高いFW#4もいますので油断は出来ません。

そんな試合ですが、会場が学校の体育館ではなく市のスポーツ施設の関係で違和感があったのか、選手たちはなかなか試合モードに入れない様子で、まわりをキョロキョロして落ち着きがありません。

ただ、試合前のアップにも気が付かないでいるのは舞い上がりすぎですし、そんな状態ではまともな立ち上がりは期待出来ないかもと覚悟する。

スタートは昨日同様で松田・川上・朝山・田中・三井の5人で、マンツーマンから入った。

気合の入っているT川中ベンチ。立ち上がり朝山・田中のイージーミスから早速#5がドライブを決められ先制を許す。

だがこれで少し目が覚めたのかマンツーマンからのカットプレイから川上・朝山・三井が入れ返し、流れは我がチームに傾く。

心配していたT川中#4のドライブについては川上がマークして抑えてくれたのでT川中はなかなか得点が取れなくなっていった。

更にセンター不在のT川中に対してPF田中やC三井のゴール下が連続して決まり、前半を47-15と大きくリードして終わる。

こうなると後半はディフェンスの調整をしながらリザーブを使う時間となった。

川上にマークされてなかなか得点を奪えなかったT川中#4も、川上がベンチに下がってからは得点を奪い始めることが出来たが、センター不在という状況が最後まで響き、最終スコア89-25で我がチームがベンチメンバーを使いながらも快勝することが出来ました。

Bチームメンバーになった時に得点が取りにくくなったところが課題ですが、決して得意とは言えないゾーンオフェンスを無難にこなしてくれたことは収穫と言えます。

この試合が終わり、予選リーグも残すところ2戦。恐らくこれは2月の多摩大会が終わった辺りに組まれると思いますが、そこでは強敵M成瀬中との対戦が予定されています。

毎回コテンパンにやられてしまう相手ですが、少しでもゲームになるように、多摩大会を通じて強化していきたいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 市総合大会リーグ2戦目 | トップページ | ラティーダでランチ »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市総合大会リーグ2戦目 | トップページ | ラティーダでランチ »