« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日

13沖縄♪ 桜は山頂から

Img_1295

沖縄では寒緋桜が見頃をむかえていました

不思議なことに沖縄の桜は麓から山の上の方に咲き昇っていくのではなく、山の頂上付近がまず開花して順に麓方面に咲いていくのだそうです

続きを読む "13沖縄♪ 桜は山頂から"

| | コメント (0)

2013年1月30日

奥むさし駅伝

Dsc_4287

日曜日に 飯能市で開催された 奥むさし駅伝で 東海大が優勝しました
ローカル大会とはいえ、うれしいことです。

東海大のチームとしては 久しぶりの大会エントリー
主力選手の出走が予想されたため、せっかくの機会だから、、と 片道2時間強かけて 出かけてまいりました。

コースは 東飯能駅西口をスタート地点に 西武池袋線に沿って 飯能駅 ~ 西吾野駅間を往復するもの

中継所も 駅近くで、当日は乗り降り自由の観戦切符も発売される
西武線を乗車しながら 追いかけ観戦ができる ルートだ。

私達は 吾野駅近くの 第2中継所と第4中継所で観戦し ゴールに間に合うよう 飯能駅に戻る予定を立てていた。

続きを読む "奥むさし駅伝"

| | コメント (0)

2013年1月29日

13沖縄♪ 白く、美しい砂浜

白く、美しい砂浜
今回の沖縄旅行で行きたかった所の一つとして瀬底島がありました。

夏の海水浴シーズンでは、ゴーグル付けて潜りましたが、流石にこの時期には難しいもの。

しかし、晴れているならばこのビーチの美しさが映えますし、いるだけでも気持ち良い所です。

そして今回、少しだけ晴れた時に来る事が出来ました。

やっぱり、気持ち良いですねえ〜。

夏ならばもっと綺麗なんだろうなぁ〜。

いつかまた夏に来たいと思います。
白く、美しい砂浜

| | コメント (0)

2013年1月28日

13沖縄♪ リゾートホテル 駐車場有料化

約2年振りとなった沖縄旅行

以前と変わった点がいつも以上にあって、改めて久しぶりの沖縄だと感じました

そのうちの一つが、ホテルの駐車場の有料化です

私達が宿泊した マリオットも 昨年7月から有料となり、1滞在で500円でした。

調べてみると、恩納村を中心とする西海岸のリゾートホテルでは、昨年から今年にかけて、複数のホテルが有料化に転じています。

HPに掲載されている理由では、EV車対応の工事やエコを背景にしたバス利用者との費用負担の公平化が挙げられています

那覇や名護の中心地なら、有料も仕方ないと思いますが、レンタカー移動が大勢のリゾートエリアでも今後一般化していくのでしょうか

ホテル巡りが好きな私達は宿泊しなくても食事や喫茶で立ち寄る事が多いのですが、そんな一時利用者にはどうなるかも気になるところ

| | コメント (0)

2013年1月27日

エコに協力

エコに協力
今回宿泊したホテル、オキナワ マリオットでは、ナイトテーブルに 写真のシートが置いてあります

連泊の際、交換や補充の必要の無いものにチェックするシートです

宿泊者の好み・生活習慣を尊重しながらエコに協力出来るので、とても良いシステムだと思います

私はタオルだけは毎日替えて欲しい派です

8アイテム以上チェックするとミネラルウォーターをサービスしてくれます
それもうれしいシステムですね

| | コメント (0)

2013年1月26日

やっぱり美味しい!

やっぱり美味しい!
我が夫婦での沖縄旅行では欠かせない食事があります。

それは沖縄そばを食べるというシンプルなことなのですが、今回もお気に入りの宮里そば(名護市)でいつもの一杯を注文しました。

写真は私(兄貴)が食べた『三枚肉そば』です。

このボリュームで500円というものも素晴らしい。

あっという間に平らげてしまいましたが、いつも変わらない美味しさを味わえるこのお店に感謝したい!

| | コメント (0)

2013年1月25日

13沖縄♪ 残波岬での傷跡

驚いの残波岬
驚いの残波岬
今回二年ぶりの沖縄でしたが、驚いたことがいくつかありました。

新しく出来た道路やお店はさて置き、昨年沖縄を襲った台風(爆弾低気圧?)の影響を受けた残波岬の状態でした。

何か街路樹の様子がおかしいな?とは思いましたが、岬にある灯台付近までたどり着いてみて、その周りの状態を見て驚いてしまいました。

続きを読む "13沖縄♪ 残波岬での傷跡"

| | コメント (0)

2013年1月24日

ラティーダでランチ

ラティーダでランチ
格安ツアーで来た沖縄。

宿泊はマリオットですが、ランチでブセナセラスのラティーダに来ました。

大人の落ち着きのあるブセナセラス。

お気に入りのビーフカレーを注文しました。美味しい!

晴天でないのが残念ですが、楽しめそうです!
ラティーダでランチ

| | コメント (0)

2013年1月23日

市総合大会リーグ3戦目

悔しい競り負けの翌日、我がチームは予選リーグ3戦目を迎えた。

今度の対戦相手はT川中です。T川中は昨年度から試合に出ていた大型センターを擁するチームですが、昨年末に骨折してしまったらしく、会場には来ていたのだが試合には出られない様子です。

しかしスピードあるPG#5や得点能力の高いFW#4もいますので油断は出来ません。

そんな試合ですが、会場が学校の体育館ではなく市のスポーツ施設の関係で違和感があったのか、選手たちはなかなか試合モードに入れない様子で、まわりをキョロキョロして落ち着きがありません。

ただ、試合前のアップにも気が付かないでいるのは舞い上がりすぎですし、そんな状態ではまともな立ち上がりは期待出来ないかもと覚悟する。

スタートは昨日同様で松田・川上・朝山・田中・三井の5人で、マンツーマンから入った。

続きを読む "市総合大会リーグ3戦目"

| | コメント (0)

2013年1月22日

市総合大会リーグ2戦目

惜敗のリーグ初戦から1週間経ちました。この1週間でチームは修正練習を行いましたが、その間インフルエンザの感染で、PGをつとめていた戸山が脱落。これにより松田がスタートに戻る形になった。

さらに顧問の先生も感染してしまった関係で、試合当日の朝は予想外のドタバタとなってしまったが、女子部の顧問が帯同してくれることとなり何とか試合をすることが出来るようになりました。

2戦目の相手はM田三中(以下M3にて)です。M3は昨年行われた新人大会の第2シードのチームで、我々が勝つことの出来ないM成瀬中に勝っているチームです。

GF陣による強気の1対1と高いシュート力が武器のチーム。このチームとどんな戦いが出来るでしょうか。

スタートは松田・川上・朝山・田中・三井の5人。ディフェンスはオールコートマンツーで入った。

続きを読む "市総合大会リーグ2戦目"

| | コメント (0)

2013年1月21日

相模原駅伝

Dsc_3829

初めて 相模原駅伝を観戦してきました。

例年参加する青山学院大に加え、時折 東海大もエントリーしていたのですが、引退する4年生達で編成したチームだったので 今まで観戦に行くことはありませんでした。

コースは 相模原市にある 相模原麻溝公園競技場をスタート&ゴールとする 周辺約10kmを走るもの
1区が7km強、2-6区が6km弱の計6区間36kmの駅伝です。

駅伝コース付近は 以前に紫陽花菖蒲を見に来た公園のすぐ近くで 場所も分かっていると 安心していたのが甘かった・・・ 

大学生チームが出場する 一般Aは 9時10分スタート
競技場ではなく 外周ロードで観戦予定だったのですが、近くに行くとすでに交通規制が始まっていて・・・・

隣接する 相模原公園内の駐車場に車を止めましたが、すでに1区ランナーは通過後・・・・という失態
選んだ観戦ポイントが 全区間ランナーが通過するポイントだったので、2区ランナーが来るまでジッと我慢

続きを読む "相模原駅伝"

| | コメント (0)

2013年1月20日

インフルエンザがやって来た

毎年この時期になると中学バスケチームはインフルエンザの流行に頭を痛めます。

そして今年もまたインフルエンザはやって来ました。

被害はまず女子バスケ部にておきました。

次に男子バスケ部、更には男子部顧問にも被害は及び、大会参加に黄色信号が灯ります。

今週は健康体の女子部顧問の先生に引率を助けてもらいましたが、今週以降の学校の状況が気になるところ。

今週男子チームでの被害は三人。その内スタメンが一人いるので、途端にチーム状況が微妙になりました。

ともいう、コーチの私も感染する恐れもあるわけですし油断は出来ません。

試合が続くこの時期。チームのコンディションを維持するのは大変です。

| | コメント (0)

2013年1月19日

申し込んじゃいました

色々と慌ただしかった年末年始を乗り越え、少しホッとしながらネットサーフィンをしていた時(兄貴)、ふと見つけた沖縄破格ツアーの広告(沖縄ツーリスト)。

以前JCBの企画でブセナテラス2泊3日でのお得価格での企画がありましたが、今度はそれを超えてしまいそうな程のお得さ。

ホテルは指定された範囲内での選択(それでもマリオットとか入っているのです)となりますが、2泊3日でも3泊4日でも基本旅行代金は変わらないもので、ここには往復の航空料金と旅行期間中のレンタカー料金が含まれています。

そろそろ、どこかで沖縄に行きたいねと言っていた我が夫婦。この情報は見逃せません。

すかさずカレンダーを持ってきて、お母さんにも声掛けし、気が付いたらツアー会社まで電話をし、しっかり申し込みをしてしまいました。

ちなみに、この企画(初売り企画)では2/7東京着のものとなっていたので、ここに押し込むために慌てて申し込みをしてしまいましたが、お得な2泊3日のお得企画はまだ続く様である。

ただ、これはホテルや出発日によっては値段が上がってしまうので、「お得さ」で言えば今回の物がベストなのか…。

関東はまだまだ寒い日が続きますが、沖縄はこれから暖かくなってきます。

興奮して申し込んだツアー。気になるのは当日のお天気です。是非晴れてほしいのですが…こればかりは祈るしかありませんな。

| | コメント (0)

2013年1月18日

修正練習0116

敗戦から少し経過し、少しでも修正するべく練習を行った。

しかしながら、学校では先日の大雪のせいで外での練習は出来ず、校舎内の人のこない所で補強運動をするのが精一杯だった様だ。

また、16日の練習も職員会議が伸びた関係で体育館解放が遅れて、かなりの時間がロスされた中での練習となった。

だが、ラッキーなこともあった。

隣で半面を使う予定だった部活が急遽中止になった関係で、我がチームがオールコートで練習することが出来る様になったのです。

思わぬオールコート。しかし時間はあまり無いので、やるべきことをテキパキこなさなければなりません。

ディナイの徹底、ロングパスの練習、ゾーンプレスの徹底、エントリープレイの修正…。

あれもこれも足りない我がチームですが、集中するとあっという間に終わってしまいました。

次の試合(ミニ大会)は週末の2試合です。少しでも成長した姿を見せて欲しいところです。

| | コメント (0)

2013年1月17日

期待大?期待はずれ? のドラマ

1月からスタートした TVドラマ

それぞれに好みがあるでしょうが、評価はいかがでしょうか?

TVドラマ化のニュースで期待が高まり、配役で がっかりの声がネットに飛び交った 月9
我が家も大好き ”ビブリア古書堂の事件手帖

第1回の放送が終わって またまた 賛否両論・・・って感じだったようですが、私としては 思った以上に原作ストーリーは尊重しているな・・・ と思いました。

それだけに やっぱり 配役が、、、残念
原作から 自分が持っているイメージがあって、主人公や古書堂の雰囲気がこの小説の魅力であるだけに、そのイメージのずれが なかなか 許容しがたい、、、という感じです。
あと 舞台設定というか ロケ地も 地元近くだけに (北)鎌倉の雰囲気はこうじゃない・・・などと 気になる箇所が多数

2話以降どうなるか、、、まだ 期待はしています。

ビブリア・・・の番組サイトはこちら

続きを読む "期待大?期待はずれ? のドラマ"

| | コメント (0)

2013年1月16日

敗戦はイージーミスより…

試合内容はそれ程悪くはなかったのですが、市のミニ大会初戦に敗退してしまった我が中学バスケチーム。

帰宅してから早速試合の資料をまとめたり、ビデオを観たりして反省することにしました。

まず気になったのは「試合勘の不足」というか、どこか全体の動きにぎこちなさを感じるところは否定できません。

これはPGの戸山やSGの川上がもっと体力を付けつつ、練習試合を通じて自分のやるべき内容に自信が付いてきたら解消すると思うので、今は我慢の時なのかもしれません。

しかし相変わらず「右方サイド」での攻撃ばかりが目立ち、「左サイド」での攻撃が出来ていないところには不満が残ります。

接戦でむきになるのは分かりますが、右利きが故に攻撃が右サイドに偏っていると誰が気が付いて修正しなくてはいけないのでしょうか。もうそろそろ気が付いてほしいところです。

さて、今回の試合ですがその様なまずい攻撃が原因で敗戦したとも言えますが、ビデオを観るとセンター陣における決定的なゴール下でのイージーミスが原因で、勝負所でのカウンターを受けてしまったところがありました。

本来取れるはずだった2点が、イージーミスが原因で相手の2点につながってしまい、このダメージは4点差ということになります。

この試合では勝負所でそのシーンがあり、そこでは連続得点を奪われてしまったのが決定打となってしまいました。

ちゃんとそこで決めていれば、そこでの失点やファールが生まれないだろう。決めないからいけないのだ。

たかがゴール下。されどゴール下。

これでも練習の成果は表れているのですが、試合に負ける時というのはこんなものなんですね。

ただ、次はこのゴール下で勝てるように、今日も練習を続けるのみです。

| | コメント (0)

2013年1月15日

市総合大会リーグ1戦目

13日、市のミニ大会(総合大会)が始まった。

我がチームはまずはじめに予選リーグを5戦こなすことになり、その初戦の相手はO美林中です。

同校とは昨年末に1度練習試合(ハーフゲーム)で対戦しましたが、その時には途中まで優位に試合を進めるも逆転負けを喫するという結果でした。

惜しい内容でしたが負けは負け。そして今回はフルゲームですので選手達も勝つ為には気力・体力が必要になるので気合が入るところ。

スタートは戸山・川上・朝山・田中・三井の五人で、マンツーマンから入った。

続きを読む "市総合大会リーグ1戦目"

| | コメント (0)

2013年1月14日

湘南も大雪!

湘南も大雪!
湘南も大雪!
14日、寒いなと思ったらこんなに雪が降っていました。

確かに天気予報では雪が降るかもと報じてはいましたが…。

しかし温暖なこのエリアでは雪はあまり降らず、こんなに降ってしまったら生活がストップしていまいそうです。

お昼や晩御飯どうするかな…?

| | コメント (0)

2013年1月13日

雨樋いの位置に注意

Photo_2

親族の賃貸アパート
既に完成はしているが 最後の方でゴタゴタがあった

原因は雨樋い

業者から当初もらった 外観イメージ図は 右写真のとおり

玄関周辺のイメージが気に入っての採用だったと聞いている。

2階の 窓と 庇の瓦が お洒落な雰囲気を作っている。

ところが 工期終盤に 周辺の工事用幌が取り払われた時に あれ??? となってしまった。

続きを読む "雨樋いの位置に注意"

| | コメント (0)

2013年1月12日

平日練習0109

冬休みの練習で色々な表情や可能性を見せてくれた我が中学バスケットチームのメンバー達。

学校が始まると表情がどんよりとしたものに変わってしまいました。

以前も感じましたが、生徒たちにとって学校生活は決して辛いものではないとは思うのですが、授業が始まるとそれなりに疲労するのか、元気を見せているようでも週末と比べるとなんか表情が沈んでいます。

子供は子供なりに大変なんですかねぇ…。

しかし大会は目前であり、時間は短いなりに練習課題をこなさなくてはいけません。

続きを読む "平日練習0109"

| | コメント (0)

2013年1月11日

多摩大会の詳細が決まる

年が明けると中学バスケは急に慌ただしくなってきました。

まず今月は市のミニ大会が始まりますし、2月10日から多摩地区の大会(多摩大会)が始まります。

この大会は東京都の23区を除いた西東京(多摩地区の約200校参加)全体で行う非常に規模の大きいトーナメント戦で、大会自体は1月27日から始まるのですが、我がチームの初戦は2月10日の2回戦から参戦することが決まりました。

しかしながらミニ不毛の我が地区のバスケレベルは決して高いとは言えず、これまでの多摩大会の結果を思い出すとなかなか3,4回戦を突破するのが困難な状況が続いていました。

昨年度も3回戦で敗退してしまいましたし、今回も正直どうなるかは分かりません。

それでも今の2年生達は3年生らより「1年間」多く私の指導を受けて頑張ってきた訳ですし、何とか一つでも高いところまで駆け上がりたいのが正直なところです。

10日の初戦はまず2回戦が行われ、これに勝利すると続けて3回戦も戦うダブルヘッダーです。したがって2試合しっかり走り切れる体力も必要です。

初戦のN山中はお隣H王子市のチームで、同校とは昨年度試合をした記憶はありますが、これはあくまでも昨年度のこと。当時下級生チームでしたので、今年は十分力を付けていることでしょう。

ここで走り勝つ為にも今月から始まる市のミニ大会でしっかりチームを鍛え、納得のいく試合を行いたいと考えています。

| | コメント (0)

2013年1月10日

市総合大会参加

1月に入り、中学バスケチームは13日より市のミニ大会(総合大会)が始まることとなった。

この大会は中体連とは関係ない市のバスケ協会が主催となって行い、一般・高校・中学が同じ会場で試合をしながら(先輩後輩等の)交流を高め ようというのが大会スタート時の趣旨でした。

しかしながら試合はトーナメント制でありながら大会参加費が他大会と比べてかなり高く、またローカルルールでの厳しい縛りもあって魅力を感じられないと判断され始めては年々参加校が減少していき、大会存続の危機にまで陥りました。

しかし数年前から中学の部ではトーナメント制から予選リーグ~決勝トーナメントという流れと変わったことから徐々に参加数が復活し、今年はまずまずな規模となったようだ。

続きを読む "市総合大会参加"

| | コメント (0)

2013年1月 9日

中学バスケ始動

ゆったりとした年末年始も終わり、我が中学バスケチームは6日に練習を再開することになった。

久しぶりに顔を合わせたが、やはり少しポッチャリしたかもしれない。

まず最初に「当然、年末年始に体を動かしたろうな~。」と聞くと、

多くがモジモジとした後に一人が「○○公園で少し…」という回答が。

ああ、これが普通の中学生ということなのでしょうか。

怪我人がいたわけではないので、取りあえずは良しとしますか…。

だが練習が始まると選手達は冗談を言う余裕が無くなり、ほとんどが収穫期を迎えた稲穂の様に下を向いて、何だかふらついています。

練習初日はきついかもしれませんが、そんなの最初だけです。

選手達の泣き言を無視し、どんどん練習を進める。すると2時間後にはもう普通の顔に戻っていました。若いって素晴らしいですね。

続きを読む "中学バスケ始動"

| | コメント (0)

2013年1月 8日

過去記事をひっくり返す

日体大に30年ぶりの優勝に 大きく貢献した 服部翔大主将

前年の箱根直後のミーティングで主将に任命され、苦労の多かった1年だと思う
当時まだ2年生
4年、3年と上級生がいる中で ミーティング直後の雰囲気はどうだったのだろう・・・とお節介にも 気にしてしまう。

TVで紹介される日体大のこの1年エピソードを見ると 春には 服部主将のやる気が空回りしてしまって 同級生の矢野選手に ”ひとりで頑張り過ぎ”と言葉を掛けられるシーンが何度も使われている。
これは 5月の関カレ 10000Mのこと
確かにこのレースは 服部選手が序盤に飛び出すも 失速したレースでした (過去記事

しかし この1週間後の 5000Mで 服部選手は3位
久々に 国立競技場に エッサッサが流れたのを思い出します (関連記事

エピソード的に 失敗レースの直ぐ後に結果が出たでは 盛り上がらないからか、箱根特番でこの点に触れることはないのですが・・・

ファンとしては 失敗レース後に切り替えて結果を出す 服部選手の凄さを再認識したレースでした。! 

このブログでは 10000Mは 東洋大 設楽兄弟、5000Mは 東海大の村澤・早川選手を中心に記事を書いていますが、 応援している 選手の一人ですから、服部選手についても やっぱりコメントしています。

その後 全日本駅伝予選会・箱根予選会・全日本駅伝(区間賞)での活躍は マスコミで紹介されているとおり

続きを読む "過去記事をひっくり返す"

| | コメント (0)

2013年1月 7日

箱根熱は 微妙な温度差

日体大の 思わぬ優勝で 今年は 箱根駅伝の後続番組も見てしまった。
例年は翌朝の 1番組だけなんですけどね。

生出演の選手達は やや マスコミ慣れしてない感じながら 達成感・爽快感が画面を通して伝わり、優勝に浮かれた感じもなく しっかり 受け答えをしていたのが 好印象
本当に 良かったね~ と 保護者気分で見てしまいました(笑)

中継の日テレの特権なんでしょうが、翌朝から始まり 延々と続くかに思えた 箱根特番
ほとんどが リピート映像なんだけど ところどころに 未公開分が入るし、箱根駅伝自体嫌いじゃないから 結局k 全部見てしまった

という、 日テレ戦略に見事はまりまくり ・・・

しかし 監督・選手生出演の番組が多くてビックリ
ご家族や関係者は 誇らしいことだと思うけど オリンピックメダリスト並の扱いといってもいいくらいでは・・・

今年は 視聴率も上がったそうで 日テレにとってはおいしいコンテンツなんでしょうね。

続きを読む "箱根熱は 微妙な温度差"

| | コメント (0)

2013年1月 6日

優勝候補のプレッシャー

往路優勝の流れにのって 実力どおりの走りができた日体大が総合優勝を飾った 今年の箱根駅伝
日体大にとっては 30年ぶりの総合優勝! おめでとうございます

復路は ここ数年 東洋大がみせた 前半抑え気味で後半上げる走りで 徐々に後続を離す見事なレース運びでした。

日体大の選手や関係者の方々には申し訳ないが 日体大の総合優勝は ”まさか”の優勝だった

今年の箱根優勝候補は 東洋大と駒沢大の2強、あるいは明治大を加えた3強 といわれていた。
駒沢大は往路9位と失速し 優勝戦線から離脱したが、復路スタート時点でも優勝候補は 東洋大であり、次いで 明治大だった。
東洋大が 区間で1分づつ差を詰めて8区で逆転、45秒でも 9区勝負と見ていた
そのくらい 持ちタイム・駅伝経験値での差があった。

しかし、その東洋大が 日体大との差を詰める走りができなかった。
東洋大は 前を行く日体大より 後方から迫る明治大が気になったのではないかと思う。

続きを読む "優勝候補のプレッシャー"

| | コメント (0)

2013年1月 5日

オールジャパンはBS1で

先日のバスケインカレやウインターカップではケーブルテレビのJSPORTSに大変お世話になりました。

そして年が明けると今度は高校から大学・JBLと強豪がそろい、トーナメント戦で日本一を争うオールジャパンが始まり、バスケ好きにはたまらない試合が組まれています。

だが、オールジャパンでは素直に喜べない問題があります。

それは入場料が他の国内大会と比べると高いこともあり、会場までの交通費と入場料を計算するとホイホイとはいかないのが事実です。

こんな時、またJSPORTSで放送していたらなぁ…と番組表を見ましたが、オールジャパンの放送予定はありませんでした。

しかしオールジャパン(JBA)のホームページを見ていたら民放ではありませんがBS1にていくつかの放送予定は組まれており、今回はこれで楽しむことにしました。

すっかり引きこもりの様になってしまいましたが、自宅でリラックスして観られるならそれはそれで良いもの。

そこで最初に観たのが高校チャンプの桜花学園とインカレ4位の筑波大の試合でした。

今年の桜花学園と言えば何といってもインサイドの強さが光り、中でも#5河村(183cmセンター)と強さはピカイチ!更に河村以外にも#12馬瓜エブリン(180cmセンター)も能力が高く、これは大学生といえども…と思っていました。

しかし試合が始まると河村中心にインサイドで攻めようとする桜花学園に対してチームプレイで対抗する筑波大の試合巧者ぶりが際立ち、桜花学園は思うように攻めることが出来ず、気が付いたら67-58で筑波大が勝利していました。

この試合、桜花学園河村は28点、馬瓜エブリン14点と得点は奪いましたが、筑波大のゲームコントロールが目立つ、いわゆる筑波大の快勝という結果でした。

桜花学園のPGが怪我で出られなく、代わりに1年生が踏ん張りを見せましたが、その弱いところを筑波大は見逃さず、ターンノーバーからの得点を奪ったところは流石。勉強になりました。

また男子インカレチャンプの東海大とJBLに所属するリンク栃木の試合も注目していましたが、リンク栃木の「高さと厚さ(重さ)・シュート力」の違いが東海大を突き放し快勝という結果には驚きました。

あの東海大が相手にならない…という内容は大学バスケの関係者としては驚きで、やはりフィジカルの差は大きいのだなと強く感じました。

オールジャパンは14日まで続きます。次もBS1で楽しみます!

※決勝戦はEテレで!

| | コメント (0)

2013年1月 4日

初ジムでバテる

箱根駅伝の日体大優勝に興奮した翌日、ようやく通っていたスポーツジムが再開した。

年末に行った中学生の練習試合の時に怪我をしてしまった関係もあり、この年末年始は殆ど動いていなかった私(兄貴)。ようやくジムが再開したことは非常に嬉しいことでした。

もっとも私がやっているのはエアロビではなくウエイトマシーンを使った体力強化。

あまり心肺系には負担がかからないし、少々ウエイトが辛いかもという甘い気持ちで臨んだところ、、、、これがこれがきつかった。

ウエイトは休み前に行っていた数値でやったのですが、体が思うように動かないわ、脈も上がってくるわ、すぐに生あくびが出るわでピンチに。

いつもより休憩をとったり水分を採りながらゆっくりと行い、30分程度でこの日は終了。

中学生の練習が6日から始まるのでそれまでにいは元に戻したいところですが、これは少し厳しそうな予感。

もっとも中学生も同じように年末年始を怠けていたら、きっと年始の練習はゲロゲロになるでしょう。

いきなりそうならない様にメニューを考えなくてはいけませんな。6日の再会が楽しみです。

| | コメント (0)

2013年1月 3日

予選会から往路優勝

Dsc_2980

89回箱根駅伝の往路は 日本体育大が 26年ぶりに 優勝した

強風との戦いでもあった 苦しい往路で 誤算がなかった日体大が着実に順位をあげ、5区でエースが仕事をして 優勝を確実にした

前大会では 繰り上げスタートもあり 総合19位に沈んだ日体大だが、新チームは6月の全日本駅伝の予選会から戦力の充実ぶりをみせていた。 
予選会は1位通過
全日本駅伝でも 4位と躍進
その勢いを維持して 箱根往路優勝となった 

予選会組の 往路優勝は  73回大会の神大以来の16年ぶり
この時の神大は 優勝候補と言われながら 疲労骨折で途中棄権を余儀なくされた予選会で 前年同様の戦力で臨んでいた
今大会の日体大は 完敗から立ち直して掴んだ優勝だ。

全日本駅伝で1区の役割をしっかり果たした 勝亦祐太選手が 箱根でも 1区で 日体大に良い流れを作ったと思う。
ルーキーらしからぬ 落ち着いた走りで トップ差35秒の7位

続きを読む "予選会から往路優勝"

| | コメント (0)

2013年1月 2日

強風に翻弄される

一番応援している東海大が出場しない今年の 箱根駅伝

個人として 応援したい選手は多数いるので どこで沿道観戦するか迷ったが、久しぶりに地元3区だけの応援とした。
たまには じっくり TV観戦もいいかと・・・

結果的には TV観戦でよかった
今年は 本当に風が強かった

強風の箱根駅伝といえば 2001年の77大会を思い出す
最近も 箱根駅伝PR ビデオに採用される 強風の中での5区の攻防だ (関連記事はこちら
あの時の5区の強風は凄まじかった

しかし今年は 全区間に亘って強風が続き、特に 地元の3区、4区の風は半端なかった。
3,4区と ほぼ平行して走っているJR東海道線が 一時 運行を見合わせたほどだという。

晴天ではあったが、コンディションとしては選手が気の毒になるほどだった。
あれでは 選手の体力が 想定以上に消耗されてしまい、後続から追い上げようとしている大学はハンディが与えられたようなものだった。

駅伝は流れが肝要というが、どの大学も流れに乗れなかったように思う。

そんな中 往路優勝のゴールテープを切ったのは 日本体育大学
26年ぶりの往路優勝
おめでとうございます。

続きを読む "強風に翻弄される"

| | コメント (0)

2013年1月 1日

謹賀新年

新しい一年が始まりました。

今年も色々な出来事があると思いますが、明るく楽しく過ごせれば良いなと思っております。

皆様のご多幸、ご健康を祈りつつ、今年も兄貴とガールを宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »