« 過去記事をひっくり返す | トップページ | 市総合大会参加 »

2013年1月 9日

中学バスケ始動

ゆったりとした年末年始も終わり、我が中学バスケチームは6日に練習を再開することになった。

久しぶりに顔を合わせたが、やはり少しポッチャリしたかもしれない。

まず最初に「当然、年末年始に体を動かしたろうな~。」と聞くと、

多くがモジモジとした後に一人が「○○公園で少し…」という回答が。

ああ、これが普通の中学生ということなのでしょうか。

怪我人がいたわけではないので、取りあえずは良しとしますか…。

だが練習が始まると選手達は冗談を言う余裕が無くなり、ほとんどが収穫期を迎えた稲穂の様に下を向いて、何だかふらついています。

練習初日はきついかもしれませんが、そんなの最初だけです。

選手達の泣き言を無視し、どんどん練習を進める。すると2時間後にはもう普通の顔に戻っていました。若いって素晴らしいですね。

年が明けると中学チームは大会が目白押しで、今月の中旬から市のミニ大会が始まり、そこで数試合行うと2月の多摩大会です。

例年多摩大会では他地区とのレベルの差を感じながら早々に敗退というパターンが多いので、今年は出来ることなら4回戦以上に進出したいところ。

その為にも、もうすぐ始まる市のミニ大会でチーム強化のために色々試したいと考えています。

練習初日にも少しだけエントリープレイに関わる新しい内容を練習しました。

最近少し練習試合で勝てる様になってきたメンバーとしては、得点につながる新しい内容はウエルカムな様で、意欲的に取り組んでくれました。

練習は翌日の7日も行われ、そこでは新しくゾーンディフェンス(1-2-2)の練習をしました。

ゾーンについては流れを変えるための方策としてピンポイントで使ってみようと考えてますが、ゾーンをやるには守っている選手たちが喋ればないといけません。

大学生はそれを「ビジョン・トーク」といって頑張りますが、中学生はなかなかタイムリーに大声を出すことが出来ません。この辺も練習課題ですね。やるしかありません。

7日の練習ではスクリメージを数本行い、最後に走力トレーニングをいつもより多めに実施。気温はかなり寒い中、選手全員汗だくで練習を終えることが出来ました。

今年はこの走力を生かし、是非これまで以上の自信と勝利を掴んで欲しいと思います。

|

« 過去記事をひっくり返す | トップページ | 市総合大会参加 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過去記事をひっくり返す | トップページ | 市総合大会参加 »