« 13沖縄♪ 冬は パイナップル より たんかん | トップページ | 13 千葉クロカン »

2013年2月21日

テスト明けからは…

テスト前の練習休止期間に入った中学バスケチーム。

バスケばかり熱心に…と両親から怒られないように選手たちには頑張ってもらいたいところですが、こちらとしてはこの期間にテスト明けから春休み・春季大会に向けたプランを考えなくてはいけません。

マンツーマンディフェンスの精度を上げるためには普段から地味に練習を継続していかなくてはなりませんが、それと並行してカバーディフェンスに移るための練習や、ポストマンへの守り方、ボックスアウトの徹底なども考えなくてはいけません。

そしてプレスディフェンスも多摩大会ではそれなりに機能したことで選手たちもこのディフェンスを行う意欲も変化したと思います。

ただ、それなりに良かっただけで、凄く効果があったわけではありません。

これはオフェンス側がどう対応するかによって大きく内容が変わるのですが、特にディフェンスのチェンジングを行った直後に相手ベンチがあわててタイムアウトを取れるような動きが出来るようにならなければ完全に機能したとは言えないでしょう。

その為にも休み明けからもう一度ディフェンスのトラップの確認と、そこに誘導するためのアクションを練習しなくてはいけないでしょう。

また攻撃面については速攻については機動力の向上からだいぶ様になってきましたが、速攻の後に始まるセットオフェンスがまだ鈍いのが気になります。

このセットオフェンスは昨年度から継続して行っているために2年生はかなり使えるようになってきたのですが、まだ相手の動きを見ながら相手より素早くアクションをおこすことが出来ていません。

いくつか動き方のバリエーションがあるので瞬間に判断するのが難しいのは分かりますが、このまま出来ないで終わるか、使いこなせるようになるかの違いは結果に大きく影響しますし、この意味を選手たちにも理解してもらいたいところ。

そして3月の20日には1年生の交流大会が予定されています。へなちょこ揃いの1年生達ですが最近は練習にも意欲的に取り組んでいる様に見えますし、ここで少しは意地を見せてもらいたいところです。

ああ、やることが一杯あるなぁ~!

|

« 13沖縄♪ 冬は パイナップル より たんかん | トップページ | 13 千葉クロカン »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 13沖縄♪ 冬は パイナップル より たんかん | トップページ | 13 千葉クロカン »