« 大学練習試合0309 | トップページ | 暴雪圏  »

2013年3月12日

練習試合0310

中学バスケチームは10日、久しぶりに練習試合を行った。

相手をしてくれたのは同じ市内のM田南中です。

M田南とは昨年末に一度対戦し、チーム力はほとんど同じな相手です。

その相手に自分たちの持ち味を出して試合することが出来るかが課題です。

またこの日はM田南しか来ないので、普段出場機会の少ないBチームや1年チームもじっくり試合をするつもりでした。

どんな内容になるのでしょうか。

まず最初にAチームの試合(ハーフゲーム)を行った。最初の試合ではリバウンドの強いPF田中が不在だった為にFW朝山を4番ポジションに下し、代わりに佐々岡を3番に入れて試合に臨んだ。

スロースターターの我がチーム。マンツーマンがカチッと決まらないのが原因なんですが、ここでは田中不在の関係でインサイドが弱く、シュート確率の高いM田南に攻め込まれるシーンもありました。

またインサイドのバランスの悪さからC三井が余計なファールを重ねてはファールトラブルに陥り課題を残す。

ただエースFW川上のシュートが決まったので接戦で試合をすることは出来たが、1本目は僅差で落としてしまった。しかし田中が戻ってきた2本目3本目は快勝出来たので、やはりAチームはゲームの起こしが課題と言えます。

またBチームの方はかなり気合が入って試合に臨みましたが、ガード陣に力が入りすぎて思うように試合を進めることが出来ません。

しかしGF沢野の小気味よいステップからのシュートや、C谷川や越智のリバウンドなどアピールすることは出来たと思う。

これは後日行うビデオ会で改めて自分たちに足りないものを考えてもらい、3月の練習で少しでも克服してもらいたい。

最後に1年生だが、期待のC境は高さを生かしたディフェンスや、柔らかなシュートタッチで期待通りの活躍を見せたが、ガード陣のボール運びに課題を残す結果となった。

境以外にもPF山越も当たりの強さからその存在をアピール出来たので、何とかここまでボールが届く様に山崎らガード陣の奮起に期待したいところです。

どたばたしながらも密度の濃い練習試合が出来たことは良かったと思います。

相手をしていただいたM田南中の皆様に感謝したいと思います。

※個人名は変えてあります

|

« 大学練習試合0309 | トップページ | 暴雪圏  »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学練習試合0309 | トップページ | 暴雪圏  »