« 桜 @恩田川 | トップページ | 市総合大会リーグ5戦目 »

2013年3月26日

市総合大会リーグ4戦目

少し間が空いてしまったが、23日に市総合大会の予選リーグ4戦目が行われた。

対戦相手はM成瀬中。ここにはこれまで何度も痛い目に合ってきましたが、夏に勝ち上がる為にはどうしても倒さなければならない相手です。

相も変わらず大型のM成瀬中でしたが、この日はエース格である#5が体調不良でしょうか姿が見えません。

我がチームとしてはチャンスではありますが、以前よりも更に大型化したM成瀬中ですから全く油断が出来ません。

とにかく1ピリで走られないこと。点差を広げられず付いていくことが課題と言えます。

ディフェンスは2-1-2プレスからの1-2-2ゾーンで入った。

立ち上がり、我がチームのゾーンを予想していなかったのか、M成瀬中ガード陣がターンノーバーを繰り返し、このチャンスボールを朝山や川上がねじ込みリードする。

これに対し高さのあるM成瀬中はセンター#10や、フォワード#9が入れ返して簡単に我がチームの流れにはさせてくれません。

だが、相変わらずプレスに対応出来ないM成瀬中ガード陣。気合のカットプレイから川上、戸山らが押し込み、1ピリを17-8とリードして終わる。

少し出来過ぎの感じはしましたが、ディフェンスの練習の成果が出たということなのでしょう。

だが2ピリになると流石にディフェンスに慣れてきたのか徐々に得点差が縮まってき、パワーフォワードの田中がファールトラブルでベンチに下がったところで3番の朝山を4番に下し、インサイドをこらえる。

本当に苦しい時間帯でしたが、この前半を27-24と3点リードして終えたのは評価したいところ。

一方リードを許し、ゲームをひっくり返したいM成瀬中でしたが、3ピリで我がチームはディフェンスをハーフの1-2-2プレスからの2-3ゾーンに変更。これが見事に機能し、力ずくで押し込もうとするセンター陣のシュートはリングには嫌われてしまう。

逆に我がチームはガード松田がしっかりコントロールをし、そこから川上の速攻とファールトラブルからコートに戻った田中が確実にゴール下を決め、逆に38-28と差を広げて3ピリを終える。

勝てるかもしれない…。そんな気持ちは足元をすくわれるきっかけになります。

焦る気持ちを抑えながらディフェンスのチェンジングを指示し、この良い流れを切らさない様にベンチでは気を使いますが、M成瀬中は持ち前の運動量を発揮し、インサイドやディフェンスの頑張りで得点差を詰めてきます。

だが最後は落ち着いて試合運びの出来た我がチームが意地を見せ、最終スコア45-40で強いM成瀬中に勝利することが出来た

※個人名は変えてあります

|

« 桜 @恩田川 | トップページ | 市総合大会リーグ5戦目 »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜 @恩田川 | トップページ | 市総合大会リーグ5戦目 »