« 平日練習0304 | トップページ | 13立川ハーフマラソン »

2013年3月 8日

平面を頑張る

先日大学バスケの練習に顔を出した。

久々に部長・監督・コーチが揃っての練習ということもあって、前回の練習よりも選手達の気合が入っているのが感じられた。

一つ一つの動きを見ても冬のトレーニングの成果が出ているのかな?と感じられる力強さを見ることが出来て良かったのだが、一つだけ気になることがあった。

それはディフェンス練習(マンツーマン)の時に思ったのだが、この時は2対2から3対3、4対4というハーフコートでの練習の中で、横や斜め、縦方向からのドライブに対するカバーディフェンスのローテーションを中心に練習をしていました。

能力の高い選手達の動きは、私が教えている中学生と比較しようが無い程レベルに差があるのですが、残念ながら大学チームは高さが無く、昨年度のリーグ戦で1対1での弱さ(特にあたりの弱さ)を見せつけられるシーンが何度かあり、これは入れ替え戦でも大きな障害となった。

この日の練習でも良くトレーニングを積んだ選手達の活動的な動きが目立ち、これは素晴らしいのだが、1対1での接触についてはどうするのかなという疑問だけがそのまま残ることとなった。

恐らくはもっと体を鍛えて、低いながらに厚みとパワーでなんとかしようということなんだろうが、これは日本チームの現状(世界的には低い)と同様でなかなか解決するのは難しい内容です。

とはいえ諦めたらそこで終わりですし、今年も粘り強く戦うことを信条に大学チームは活動するのですね。

現3年生を中心とした大学チームの頑張りに期待したいと思います。

|

« 平日練習0304 | トップページ | 13立川ハーフマラソン »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平日練習0304 | トップページ | 13立川ハーフマラソン »