« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日

2013 PIW

Dsc_8599

浅田真央選手の出演が決まって すぐにチケットを入手した プリンスアイスワールド に行ってきました

浅田選手のほか 鈴木明子選手、村上佳菜子選手、町田樹選手ら 現役トップスケーターの生演技に 久々に 心洗われる気持ちになりました。

特に町田選手は 髪型も変わり、良い練習が積めているような 素敵なプログラムでした。
オリンピック選考に向けて、ジャンプの種類と確実性をどう折り合いをつけるか・・・
飛躍と挫折の前シーズンから、どうジャンプアップするのか、、、
混戦必須の 日本男子陣ですが、是非頑張って欲しいな と思います。 

続きを読む "2013 PIW"

| | コメント (2)

2013年4月29日

スカウティング0428

我が中学バスケチームは早々に春季大会で敗退してしまったが、大会自体はまだまだ続いており、28日には4回戦が行われた。

4回戦は昨年度我がチームも進出したが、ここからシード校(四つ角)が登場することもあり、いよいよ春季大会もクライマックスが近づいた感じがしてきます。

またこの4回戦に勝利すると7学区大会のベスト8進出ということになりますが、例年ですと我がチームの所属している市内のチームは、シードの2校を除いて殆どが敗退している状態。

それなのに今年は随分頑張って勝ち残っており、シードの2校以外にも4チームが残っています。

もう敗退してしまった我がチームからみたら、どこも羨ましい限りなんですが、最後の夏でそのチームと対戦するかもしれないということから、28日はスカウティングをする為に試合会場へ足を運んだ。

続きを読む "スカウティング0428"

| | コメント (0)

2013年4月28日

日焼け覚悟の野球観戦

日焼け覚悟の野球観戦
保土ヶ谷球場に高校野球を見にきています

春季大会の準々決勝

晴天にも恵まれ、立ち見、外野芝生 での観戦者もでる賑わいです

入場料は500円

夏の大会は 日射病が心配で ここ数年は 専らテレビ観戦です。
春季大会なら、、、と思ったら、晴天すぎて 日焼け 確実です。

続きを読む "日焼け覚悟の野球観戦"

| | コメント (0)

2013年4月27日

引地川親水公園

引地川親水公園

今の引地川親水公園です。
藤の花が満開で綺麗ですよ!

引地川親水公園

続きを読む "引地川親水公園"

| | コメント (0)

2013年4月26日

端山藤園

今年の藤は早いですね

GWが見頃の藤がもう満開です

藤には、紫(藤色)の他に、白色、ピンク色があるのをご存知ですか?
花は、ピンク → 紫 → 白 の順で開花します

Dsc_8518今は 紫の藤が満開で、白い藤も咲き始めています

藤沢市は、名前に藤がついているとおり、市の花が藤です
2009年に市内の藤の名所のうち、引地川付近の11カ所を結んだマップ 『フジロード』が作成されました

 

そのうちに、一般の住宅 端山藤園があり、見事な藤棚があります
端山様の ご好意で お庭が一般に公開されています

続きを読む "端山藤園"

| | コメント (0)

2013年4月25日

洗濯機パン 

洗濯機の設置場所に 置く 洗濯機パン

我が家はつけませんでした。
洗濯機パンの存在が部屋の雰囲気に合わないと思って
フローリングに直置きです。

ところが、今年の2月に 洗濯機から水漏れの故障があって 大慌てしました。
水漏れですから、当然フローリングの床に水が溜まり・・・

慌てて拭いたものの、洗濯機真下部分は 洗濯機のパーツ(スカート部分)で確認できません。
修理の方が来てもらうまでは、床が腐るのではないかと、ただただ不安でした。

この時は フィルター部分の劣化で 水の排水が十分できなくなったのが原因でした
部品交換で 直ぐ症状が治まりました

ところが 先週からまたまた 水漏れ
前回より 量は少ないものの・・・・

早速メーカーの修理担当が対応してくれました 今度は別の部品が劣化して 水の排水の一部が漏れでてしまっているとか・・・

今回も事なきをえましたが、流石に洗濯パンをつけていた方が良かったかな?との気持ちがわいたのも否めません

もっとも、洗濯パンがあったら、床の状態をあまり気にならず、今回も前回もすぐに水漏れに気づいたかな…とも思います

| | コメント (0)

2013年4月24日

大学チーム選考試合

順番が逆になってしまったが、大学バスケチームは先日の練習試合を行う前に、3年生から1年生を対象に今季のABチームを分ける為の選考試合を行った。

3年生は既に試合に絡んでいるスタメン候補は除いたメンバーで、更に2年生は昨年度ほぼ全員がベンチ漏れをした関係で、短い時間ながら今季のベンチ入りを目指すメンバーが気を吐いた。

また注目は4月から入部した1年生達のポテンシャルである。

今年の1年生は大きからず小さからずで、185前後の体格を持つFWやPFが多い。それと個人技を持っているPGも数人おり、彼らは経験も積んでいそうなのでこれからの活躍が楽しみである。

ただ選考試合が始まるとフィジカルで勝る2年生FW陣が暴れるシーンが目立った。これはこの1年間の練習の成果とも言える。

そして苦労人の多い3年生はガードが多いのだが、なぜこれまでベンチ入りが出来なかったのかが分かるような静かなプレイぶり…。これでは思うようなアピールにはつながりません。

そして注目の1年生FW陣は、とにかくボールをもらったらシュートを射つべし!射つべし!と射ちまくり。PG陣はそれなりにパスやシュートを狙えてはいるのですが、フィジカルに勝る上級生に押されるシーンが目立ち、飛びぬけたパフォーマンスを見せることの出来た者はいませんでした。

もっとも1年生は右も左もわからない状態での試合でしたから、今後の練習や新人戦などを通して大きく変身するのでしょうね。

なかなか気合の入った選考試合でしたが、普段の練習もこれ位ハングリーに臨んでもらいたいものです。

| | コメント (0)

2013年4月23日

萩野カップだった!

今年の競泳日本選手権は、史上初の5冠を達成した萩野公介選手の大会だった

キング北島の優勝も、引退かと思われた寺川選手の日本記録更新しての優勝もあったが、やはり萩野選手が話題を独占した大会だった

そもそも4日間の大会で、6冠を狙う事が凄い
準決勝はなかったが、1種目予選・決勝と2回泳がないといけない
6種目エントリーするには、相当のタフさが必要

さらに、萩野選手は2日目の100m背泳ぎ以外は200m、400mの種目
その中で日本新2つを含む5冠

「勢いがある」、だけでは成し得ない、コンディショニングの上手さ

あっぱれだった!


続きを読む "萩野カップだった!"

| | コメント (0)

2013年4月22日

上位校に惨敗

21日は中学バスケの練習がなかったので、大学バスケの練習試合に顔を出すことにした。

来月7日から始まる関東大学トーナメント戦。

新人も多数入部し、賑やかではあるが集中した練習がやりにくくなったこの時期に、各上(2部)であるH政大と練習試合をする機会を得ました。

H政大は一昨年入れ替え戦で対戦した相手で、この試合はいずれも競り負けるという内容で良い思い出がありません。

しかしながら、あれから代が変わりましたし、今季の対戦としてはどんな内容になるのか期待していました。

試合が始まると2-3ゾーンを敷いてきたH政大にまず驚きました。

体格・能力と我がチームを凌駕しているこのチームが何故ゾーンを?

しかし、この時期ゾーン対策が出来ていない我がチームとしては落ち着いて相手ディフェンスの穴を攻めることができず、更には試合中の激しい接触に両チームヒートアップしてはおかしな雰囲気になる。

H政大は197cmのセンター(5番)と190cmのパワーフォワード(4番)がおり、4番ポジションにおいて我がチームとのフィジカルの差が表れ、得点差が開いてしまいます。

焦る我がチームのシュートは効果的に決まらず、相手のファールから得たフリースローもほとんど落としては、自ら勝利のチャンスを逃す展開となってしまう。

この空回りは後半も続き、4ピリでは体力の差も出てしまって、まさに力負けという内容でこの練習試合を終えることとなった。

今年こそ2部との入れ替え戦に勝利したいと思っていたメンバーからするとガックリする結果となりましたが、力の差は明らかであり、今後どうやってこの差を埋めるのかを真剣に考えなくてはいけません。

4年生達の奮起に期待したいところです。

| | コメント (0)

2013年4月21日

怪我人続出…

春季大会に敗退し、最後の夏に向けて動き出した我が中学バスケチーム。

ビデオやデータを見ながら、どこをどう修正すべきかを話し合い、その結果練習での雰囲気は少しばかり余裕の無い雰囲気になってしまったかもしれません。

チームとして、試合中でのシュート確率を上げることが最大の課題となりましたが、これは単純にシュートを決めれば良いというだけでなく、スピードある展開の中で、どうしたらシュートセレクトが良くなるかも問題です。

その為に速攻におけるアウトナンバーでのシチュエーションにおいて、確実に攻め切る練習をしたり、ハーフの5対5の練習を増やしてセットオフェンスを考えながら攻撃出来る様にしています。

特にハーフの5対5については4メンアウトと3メンアウトの攻撃を使い分けるためにも必要な練習だと思いますし、練習を重ねていくことで1回の攻撃における成功数も上がってきているようなので、継続して精度を上げていきたいと考えています。

ただ20日の練習では選手達の集中力が切れてしまったのか、スクリメージの最中に怪我をする者が複数人出てしまい、当然練習の雰囲気も悪くなってしまいました。

それも捻挫だけでなく骨に関係する怪我人も出てしまったので、完治までの日数とリハビリ期間がどの程度かかってしまうのかが心配です。

幸いGW明けからはテスト休み期間に入りますので、チームも少しだけ活動をお休みすることになります。

この期間で怪我をしてしまった選手達が少しでも回復し、最後の夏に向けて頑張りを見せてくれればと思います。

| | コメント (0)

2013年4月20日

2週に亘る好成績

今年も天候に恵まれなかった 四大対校戦

特に雨が本降りとなった午後は、気温が下がる一方
記録も余り期待できないコンディションとなった

そんな中行われた 10000M

Dsc_8270

日体大の 山中秀仁選手 が 終始レースを引っ張り、圧勝!
自己ベストを大幅に更新し、28分49秒

山中選手は一週間前の日体大記録会で 5000Mで13分台をだしている
2週に亘り 、13分台、28分台のエースクラスのタイム

続きを読む "2週に亘る好成績"

| | コメント (0)

2013年4月19日

新入生現る

ついこの間入学式が行われた我が中学ですが、早速入部希望者が体育館に顔を現してきました。

昨年度は8人しか入部しなかった男子バスケ部。今では1人辞めてしまいましたが、7人で頑張っています。

不安要素としては、運動能力の高いPGの出来そうな子がいないというところなのですが、今年はどんな子がくるのでしょう。

16日の練習では予想を超える12人の仮入部者がやって来ました。

体格的にはそれほど小さすぎず、FWをやれそうな子も何人かいました。

初日は17時までということでしたので上級生を含めた全員でフットワークとパス練習をしたところで彼らは終了となってしまいましたが、フットワークでダウンする子が一人もいなかったところを見ると、ちょっと期待したくなる感じがしてしまいます。

ただ、相変わらずミニバス経験者はいないようなので、例年通りボールハンドリングからのスタートとなりますが、ちょっと元気なオーラのする子がいたのでホッとしました。

しかし、まだ本入部ではないので喜ぶのはまだ早いかもしれませんが、期待したいですね。

| | コメント (0)

2013年4月18日

反省会0415

戦う姿勢は見せたものの、見事に玉砕した我が中学バスケチーム。

私自身、まず初戦がヤマであり、まずここで勝利することがステップアップにつながると思っていただけにガックリしてしまったことは否定できません。

しかし勝ちたいのならば反省は必要であり、それも早いタイミングで!ということで、先生に無理を言って週明けすぐにミーティングをさせてもらうことにした。

ミーティングでは試合データの分析からみた反省点を話し合うところから始まり、次にビデオを見ながら反省点の確認・修正点を見つけることを課題とした。

試合データでは具体的な数値でシュート確率やリバウンド数、ミスプレイ数などを見ることが出来るので、感情論ではない反省点を見つけることが出来ます。

すると一番シュートを放ちながらも十分に決めることが出来なかった川上が唸り声をあげた。

持ち前のスピードを生かし、試合では積極的に勝負を挑んだFW川上。そのパワー溢れるプレイに相手ディフェンスも強く当たらなければ彼を止めることは出来ないのでしょうが、その接触が必ずしもファールとして審判が吹いてくれる保証はありませんし、吹いてくれないからと言って当然シュートを外してはいけません。

ビデオを見ながら川上には色々言いたいことがあったとは思いますが、決められなかった今回のプレイが敗北につながってしまった事実はデータを見れば明らかでした。

またインサイドで踏ん張るPF田中やC三井も、ディフェンスリバウンドに絡んでいたのですが、ポジショニングが微妙に悪く(リング下過ぎた)、その結果リングに弾かれたボールを奪うことが出来ないシーンをビデオで確認し、ディフェンスの修正をするためのイメージ作りをしてもらった。

残念ながら全員が試合に出場できた訳ではないので、モチベーションの高さにはバラつきがあったかもしれませんが、3年生に残された大会はあと一つということで、リザーブメンバーの表情にも深刻さが漂っていました。

限られた時間の中で成長していく為にも、メンバー全員が今出来ることを迅速に行い、是非この悔しさを夏にぶつけて欲しいと思いました。

※個人名は変えてあります

| | コメント (0)

2013年4月17日

メモリデータ復旧

スポーツ観戦三昧の週末でしたが、実は かなりのダメージを受けた事件がありまして・・・

午前中の 陸上の対校戦を観戦後、中学バスケを観戦中に それは起こりました
というか、、、その症状に気付いたというのが正解か・・・

朝から 撮影していた 我がNIKONの SDカードのデータが 突然消えていたんです。

試合のハーフタイムに画像を確認していて、その時は 午前中の陸上の写真もありました。

後半すぐに 表示されている 保存画像枚数が極端に少ないことに気付く
なぜか 40枚台・・・

えっ???
と 確認しても 写真は試合後半のものばかり。。。

まさか ウッカリ SDカードを初期化してしまった???

続きを読む "メモリデータ復旧"

| | コメント (0)

2013年4月16日

歓喜のベスト更新!

Dsc_7531

今年 最初の日体大記録会
冬のトレーニング成果を記録で確認したい者、調整や復調の状態を確認したい者、、、

日体大のトラックは、選手達の静かな闘志、指導者・スタッフ陣の熱い視線、応援する側の期待感 等で 心地よい緊張感で包まれていた。

各組の終盤には 声援の声も一段と高まる。
”ベストが出るぞ!”
”○○分切れるぞ!”
チームメイトだけでなく、かつての同級生やライバルチームからも声が掛かるのが清々しい。

土曜日の最終レース 10000M

山梨学院大 井上選手、
神奈川大 柿原選手、我那覇選手、
法政大 関口選手、田井選手、
青山学院大 竹内選手・・・

と次々と自己ベスト更新で 28分台の記録をマーク

ひときわ 大きな歓喜の声をあげていたのが 神奈川大の柿原聖哉選手
遠くにも わかるくらいの大きな ”ヤッタぁー!”の連発は 聞いていてこちらもうれしくなる。

続きを読む "歓喜のベスト更新!"

| | コメント (0)

2013年4月15日

春季大会1回戦

13日位、我が中学バスケチームは7学区春季大会の1回戦を迎えた。

対戦相手は宿敵M田三中(以下M3にて)です。

1月の試合では1点差に涙を流しましたが、あれから攻守練習を重ね、十分戦えるようになりました。

今回はどんな戦いになるのでしょう。

続きを読む "春季大会1回戦"

| | コメント (0)

2013年4月14日

東海大日大対校戦

この週末は 忙しい!

競泳日本選手権 や フィギュアスケートの国別対抗 も ネット/TVで追いかけつつ、陸上の対校戦/記録会、そして 中学バスケの春季大会がある。

I00169

土曜日の 町田市陸上競技場で開催された 東海大日大対校戦 を 観戦してきた。町田市立陸上競技場は 通称 野津田競技場と呼ばれ 野津田公園内にある。

昨年 町田市のホームタウンチーム FC町田ゼルビアの活躍で Jリーグ基準を満たすよう 大幅改装されたばかりです。
(余談ながら ゼルビアは 今年 JFLに降格、J2復帰が待たれます)

対校戦は 全般に 日大が押し気味だったが、その中で 長距離陣は シーズン序盤のレースとして まずまずの結果だったと思う。

続きを読む "東海大日大対校戦"

| | コメント (0)

2013年4月13日

法政大ワンツー

Dsc_6637
3年前
 と 4年前の 東京六大学対校戦
過去記事を読むと 失礼なことに 5000Mのレースは 明治大 と 早稲田大の 対校戦 などと 書いている

今年は 箱根駅伝で シードを獲得した 法政大

1区 区間3位の 西池選手 と 5区 区間2位の 関口選手が 対校戦5000Mにエントリー

果たして 早大・明大 勢に どう割って入っていくのか・・・

さらに 我が家にとっては 西池選手の久しぶりのトラックレースだったので 楽しみにしていました。

残念ながら、西池選手は 当日変更で走らず。
しかし レースは 予想を超える 面白い展開を見せてくれました。

続きを読む "法政大ワンツー"

| | コメント (0)

2013年4月12日

平日練習0410

春季大会の初戦が13日に決まり、しかも宿敵M田三中となれば…思わず練習に力が入ってしまうところ。

しかしながら何だか選手達の様子は少し浮かれ気味の様子。
春休み練習を頑張り過ぎて疲れたのかな…?
なんて思ったら、どうやら皆進級して、新しい学年と環境に興奮気味の様子。
まあ、確かにこれまで2年生だった主力メンバーは最上級生の3年生になったんだから、狭い世界での話とは言えちょっと気持ちが大きくなってしまうのでしょうか。
しかし初戦から強敵との対戦ですから、少しでも細かな修正をして試合に臨みたいところ。
チームとしていくつかの課題はあるのですが、中でも安定した得点を上げられる為にもセットオフェンスの精度を上げる必要があります。
3メンアウトと4メンアウトの長所・短所を理解し、試合の流れを見てうまく使いこなさなくてはいけません。
それとゾーンディフェンスもプレスを含めて幾つかのパターンを用意していますので、試合の立ち上がりで何を使うのか?どこが強みで、どこを意識すればカットプレイにつながるのかを分解練習から何度も反復しながら身につけていきます。
練習ではかなり使いこなせる様になってきましたが、試合になると力が入って失敗することが多くなります。よって少しはミスをすることも想定しながら、試合ではベンチで焦らずチームを前進させなくてはいけません。
どうしても勝ちたいと言う気持ちが「焦り」を呼んでしまいますが、選手達には少しでも考えながら試合をさせて、そして最終的に勝利へと繋がる様に私も頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2013年4月11日

JAPAN swim 2013

今日から競泳の日本選手権が始まります

場所は新潟の長岡
観戦に行くなら、宿泊覚悟の距離です。
週末に兄貴の中学バスケのカメラマン役や、陸上でも観たい対校戦や記録会があるので、今年はテレビ観戦を決め込んでいます。

今年も7月の世界選手権代表選考を兼ねています
選考タイムを突破した上位2名が代表に選出されます
選考タイムをクリアしないと、優勝しても代表にはなれません

競泳の大会は、午前中から昼過ぎにかけて、予選が行われます。
タイムによる上位8名が同日の夕方からの決勝に進出します。

オリンピックや世界選手権など大きな国際大会になると、予選でトップ16名に絞られ、同日に準決勝、翌日に、決勝となります

NHKでは連日決勝を放映してくれます
土曜、日曜は ライブ放送です〜

そして、、、なんと今年は、予選のレースも ストリーム放送してくれるそうです

ストリーミングのサイトは こちら

時代の流れなんでしょうね。
技術的には以前から可能な事で、個人でストリーム動画をあげてる方もいますよね
ただ、日本選手権等大きな大会で入場料も取るような場合、主催者の利益・権利との問題もありますから なかなか ストリーミング動画を見つけるのは難しかった。

それが 主催者が LIVE動画配信してくれるとは・・・
素晴らしい!

私は早速予定を変更し予選から観戦するつもり

大会一日目には、早くも注目種目の 100m平泳ぎがあります。

キング 北島康介選手もエントリー
昨年200mで世界新を出した 山口観弘選手(東洋大1)やロンドン五輪代表の立石諒選手との対決があります
代表2枠は誰か手にするか、、、
初日から見応えありそうです

| | コメント (0)

2013年4月10日

短距離が熱い! 

Dsc_6544

トラックシーズンの最初の陸上観戦は 東京六大学対校戦

前日からの台風並みの荒れ模様天気で 開催も危ぶまれましたが、国立競技場は 風さえなければ・・・の快晴
その風が曲者で 棒高跳び・走り高跳びは中止となってしまいました。
実施した競技でも 強風に悩まされることも多い対校戦となってしまいました。

春の対校戦は 各校のルーキー達の登場が楽しみが一番ですが、今対抗戦では 昨秋以降長らく故障していた 慶応大 山縣選手が 久しぶりに エントリーされていたので、そちらも 楽しみでした。

100M決勝では 中盤に抜け出すと 力差をみせつけるような 圧勝でゴール
向かい風 4メートルという 悪条件にも 関わらず 10秒47の記録

ネット情報によると 向かい風1mで0.10秒のアゲンスト(タイム悪化)とか。
今日風なしだったら10秒07のベストタイ
(因みに 追風は 1Mで 0.09秒好転)
9秒台も 射程距離という感じですね。

右太もも裏の故障で 3月まで十分な練習を積めなかったとの事前情報に 心配したが、しっかり レースに標準を定めて調整しているようでした。

山縣選手へは 日本人初の9秒台への期待がどうしても大きくなってしまいます
が、4月下旬から 6月の日本選手権まで レースが続くので  再発に警戒して 無理をせず じっくり狙っていって欲しいですね。

因みに 今年の日本選手権は 東京 味の素スタジアム!
もぅ、行くしかありませんねぇ~

続きを読む "短距離が熱い! "

| | コメント (0)

2013年4月 9日

春の対戦相手

間もなく始まる中学バスケの春季大会。

8日、ついに我がチームの対戦相手が決まりました。

この相手というのが、初戦からM田三中と戦うことになったのです。

M田三中と言えば新人の段階では市の第二シードであり、1月の総合大会で我がチームが49-50と競り負けた相手で、実力としては拮抗していますが現状では格上との対戦と言えます。

なお試合は13日ということで、まさに大会開催初日での対戦となってしまいました。

いずれは倒さねばならない相手ですから、そのタイミングが少し早まっただけとも言えますが、気合が入る対戦相手です。

ちなみに、これに勝利すると2回戦は翌日14日となりますが、全ては初戦に勝利しないと何も始まりません。

勝利のカギは、ガード陣のミスの少ないパスワークやゲームコントロール、そしてインサイドでのシュート確率とリバウンド奪取率の高さとなるでしょう。

1月よりも成長した試合内容で初戦突破を図れるよう、これから練習です!

| | コメント (0)

2013年4月 8日

春季大会に向けた修正

6日に行われた練習試合ではイライラするところが多かった反面、今取り組めば何とかなる修正点が見つかった。

まずセットオフェンスについて、従来行っていた4メンアウトからのパスモーションと新たに練習を始めた3メンアウトオフェンスによるガード陣によるドライブからのセンターへの合わせの使い分けが課題でした。

ゲームでは比較的簡単に攻められる3メンアウトをベースに攻撃し、試合の立ち上がりなどでは上手くいきましたが、センターへのパスミスだったり、ドライブかfらの攻撃を相手に読まれてしまった時など思うように攻められなくなり、チーム全体的に集中力を欠く時間帯がありました。

こんな流れが悪くなった時間帯では狭いスペースでごちゃごちゃするので、オフェンススペースを広げた4メンアウトオフェンスに切り替え、パスランやオフェンススペースを使った攻撃をして欲しいところ。

それと今の3メンアウトオフェンスにおけるガードとセンターの連携も現状は不足気味で、これに比例してシュートチャンスが少ないと思われるので、今のスピードを殺さないで縦方向(リング方向)へボールマンが切れていくパターンも作りたいと考えています。

春季大会は早くて今週末(13日又は14日)から始まります。今週の練習できっちり修正を行い、大会初戦からぶつけられる様にしたいと思います。

| | コメント (0)

2013年4月 7日

練習試合0406

春休み最後の練習日(6日)。中学バスケチームは練習試合をする機会を得た。

残念なことに、この日は台風並みの低気圧の関係で天気が荒れるとの予報の関係で、終日行おうと思っていたものが半日になってしまったのだが、それでも春練習の確認をするのには充分なものとなった。

今回の練習試合は男子だけでなく、女子チームも合同で行うというもので、市内外から数チームが来校し、短い時間ではありましたが集中して行うことが出来ました。

さて、我が男子チームにおける今回の狙いは、素早い攻守の切り替えから速攻を出すことと、セットオフェンスにおける3メンアウトと4メンアウトオフェンスの練習を行うというものでした。

まず初めにT摩市から来たT牧中との試合でしたが、練習した2-1-2プレスが機能して、立ち上がりからイケイケの内容となった。

しかしセットオフェンスではガード陣のドライブから田中・三井らインサイドへのパスも良く決まり、練習の成果が見え始めた内容となった。

だが次の試合(M田二中)では2-1-2プレスは機能したものの、カットからの展開に微妙なズレが生じ、これがイージーミスにつながっては流れに乗れなくなってしまいました。

それをM田二中は見逃さず、落ち着いてこれを得点に繋げ、あれよあれよと得点差をつけられてしまった。

イライラする選手たちは自分の正当性だけを主張しますが、その結果が敗北につながるのであれば考え方を改めねばなりません。

つづく2本目の試合では落ち着きを取り戻した我がチームが、マンツーマンディフェンスをベースに勝利しましたが、選手達には出来る限り感情的にならず、客観的に自分たちのプレイを見つめてもらい、確実な勝利へと繋いでもらいたい。

気になる春季大会の抽選会は週明けの火曜日。

昨年以上の成績を収めるためにも、是非とも良いブロックに入って欲しい!

※個人名は変えてあります

| | コメント (0)

2013年4月 6日

春練習0404

今年の中学チームは例年になく春休みの練習を集中して行っています。

学校によっては遠征や合宿を行ったりするのかもしれませんが、我がチームは毎日学校で練習することにしました。

8日から新学期が始まる選手達。2年生は3年生となり、1年生は2年生に。半月もすれば新1年生達がぞろぞろと入部してくることでしょうし、チームはますます賑やかになってきます。

しかし賑やかになればなるほど練習環境が悪くなるのは間違いないことであり、そうなる前にしっかりと練習を積んでいきたいところ。

チームとしては先日導入した3メンアウト攻撃がだいぶ浸透してきて、卒業生達の胸を借りてのゲームではこのパターンでの得点がかなり増えてきたと言えます。

また課題でもあるゾーンオフェンスも、少しずつですが練習の成果が見えてきた感じがしますし、あとはマンツーマンディフェンスが機能してくれれば文句はありません。

いやぁ~、堅実なマンツーマンを身につけるというのは、根気と時間が必要ですね…。

4日の練習ではここ数日の疲れが出てきたのか、生徒たちの表情にも疲労感が漂っていました。

6日に春休み最後の練習を予定しており、しかも練習試合で予定しているので、強化練習の成果をここにぶつけて、いい形で春季大会を迎えられれば良いなと思います。

| | コメント (0)

2013年4月 5日

マイブーム スフレ @ 広尾 ル・スフレ

広尾にある スフレ専門店の ”ル・スフレ”
東京在住時は お世話になっていました。

もう何年も変わらず スフレ一筋で 頑張っていらっしゃる お店です。
周辺のお店や様子はずいぶん 様変わりしていましたが、 ル・スフレだけは 記憶にある ん年前のままです。

ル・スフレでは スフレだけで 複数のメニューがあります。
ソースによって スフレの生地もアレンジを加えています。

Cimg0984

基本は バニラスフレですが、例えばチョコスフレにすると ソースがチョコレートで スフレ生地にもチョコレートが入っています。

 

続きを読む "マイブーム スフレ @ 広尾 ル・スフレ"

| | コメント (0)

2013年4月 4日

マイブーム スフレ @ウエスト青山ガーデン

Img_1815

個人的に  この春 スフレが マイブーム

あのアツアツ&フワフワが妙に恋しくて・・・

写真は 青山(乃木坂)のウエスト青山ガーデンのスフレ

洋菓子、特にクッキーが人気のウエストは 複数店喫茶スペースを併設した直営店を都内で展開しています。

どの店舗も シンプルでレトロな感じが 落ち着いた喫茶スペースを提供してくれます。
私には銀座店が一番馴染みが深いです。

ここ青山ガーデン店は 2008年に青山店が移転した店舗です
目の前が青山霊園で 青山・六本木・乃木坂の喧騒からちょっと離れるロケーション

そして、青山ガーデン店には 限定メニューがあって スフレもそのひとつ。
限定メニュー目当てのお客さんも多いようです。 

続きを読む "マイブーム スフレ @ウエスト青山ガーデン"

| | コメント (0)

2013年4月 3日

別れと出会い

毎年3月末というと学校関係者としては異動の時期といえます。

私の教えている中学バスケも、この春に顧問のM先生が異動となってしまいました。

一昨年の3月、こんな私をコーチとして声をかけて頂き、本当に感謝しています。

なかなか具体的な形として成果を出すことが出来ず残念な気持ちで一杯ですが、せめて先日宿敵であるM成瀬中との試合で勝利することが出来たのが唯一の恩返しでしょうか。

異動先の学校でもこれまで通りに活躍していただきたいと思っています。

また別れの後には出会いがありまして、月明けの練習では後任のK先生と挨拶をしました。

前は高校の講師だったということで、中学の指導はこれが初めてとのこと。

しかもバスケの指導歴は無く、まさに0からのスタートとなります。

しばらくは女子部顧問の先生と協力しながら活動を進めていく形になりそうですが、折角ここまで良い組織になった男子チームですから、もっと良い組織になる様頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0)

2013年4月 2日

大学練習試合0331

中学バスケがオフの月末。

タイミング良く大学バスケチームの練習試合が入ったので試合会場である大学体育館に向った。
この日の対戦相手は都内の高校チーム(H大和高校)。ここは我が大学の卒業生が指導しているチームで、指導者は私の先輩(2歳上)である。
チームの選手達もパッと見てよく練習をしているなと分かる、都立校チームとして都内大会の上位進出出来る好チームである。
しかし上手いだけでは高校生と大学(関東3部上位校)との差は大きく、特にフィジカルの差は試合が始まるとすぐに明らかになりました。
実は高さの差はそれほどありませんが、ゴール下での当たりの強さやシュート力、そして攻守切り替え時の走力(瞬発力)でみるみる差は開き、何本かゲームをしましたが全て大学生の圧勝で終了しました。
4月半ばから東京の高校生は関東予選(春季大会)が始まるので、高校生としてはそこで戦う為の良い刺激になったのではないかと思います。
試合後に先輩からは、「もう少し戦えるかと思った。昔とは違うなぁ〜」という感想でした。
その言葉で私も弱かった昔を思い出し、ほのぼのとしてしまいましたが、いつまでも良い先輩後輩の関係は続けていきたいなと思う瞬間でした。

| | コメント (0)

2013年4月 1日

練習試合0328

新たに3メンアウトでのオフェンスパターンを練習し始めた我が中学バスケットチーム。

月末28日に練習試合をする機会を得ました。

相手は同じ市内のW光中とM田二中。

W光中とはこれまでも何度か練習試合を行っていますが、M田二中とは昨年夏以来の対戦です。

この時にはあまり良いところを出せないままずるずると敗戦した記憶があります。

今回はどうなるのでしょうか?

続きを読む "練習試合0328"

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »