« 怪我人続出… | トップページ | 萩野カップだった! »

2013年4月22日

上位校に惨敗

21日は中学バスケの練習がなかったので、大学バスケの練習試合に顔を出すことにした。

来月7日から始まる関東大学トーナメント戦。

新人も多数入部し、賑やかではあるが集中した練習がやりにくくなったこの時期に、各上(2部)であるH政大と練習試合をする機会を得ました。

H政大は一昨年入れ替え戦で対戦した相手で、この試合はいずれも競り負けるという内容で良い思い出がありません。

しかしながら、あれから代が変わりましたし、今季の対戦としてはどんな内容になるのか期待していました。

試合が始まると2-3ゾーンを敷いてきたH政大にまず驚きました。

体格・能力と我がチームを凌駕しているこのチームが何故ゾーンを?

しかし、この時期ゾーン対策が出来ていない我がチームとしては落ち着いて相手ディフェンスの穴を攻めることができず、更には試合中の激しい接触に両チームヒートアップしてはおかしな雰囲気になる。

H政大は197cmのセンター(5番)と190cmのパワーフォワード(4番)がおり、4番ポジションにおいて我がチームとのフィジカルの差が表れ、得点差が開いてしまいます。

焦る我がチームのシュートは効果的に決まらず、相手のファールから得たフリースローもほとんど落としては、自ら勝利のチャンスを逃す展開となってしまう。

この空回りは後半も続き、4ピリでは体力の差も出てしまって、まさに力負けという内容でこの練習試合を終えることとなった。

今年こそ2部との入れ替え戦に勝利したいと思っていたメンバーからするとガックリする結果となりましたが、力の差は明らかであり、今後どうやってこの差を埋めるのかを真剣に考えなくてはいけません。

4年生達の奮起に期待したいところです。

|

« 怪我人続出… | トップページ | 萩野カップだった! »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怪我人続出… | トップページ | 萩野カップだった! »