« 萩野カップだった! | トップページ | 洗濯機パン  »

2013年4月24日

大学チーム選考試合

順番が逆になってしまったが、大学バスケチームは先日の練習試合を行う前に、3年生から1年生を対象に今季のABチームを分ける為の選考試合を行った。

3年生は既に試合に絡んでいるスタメン候補は除いたメンバーで、更に2年生は昨年度ほぼ全員がベンチ漏れをした関係で、短い時間ながら今季のベンチ入りを目指すメンバーが気を吐いた。

また注目は4月から入部した1年生達のポテンシャルである。

今年の1年生は大きからず小さからずで、185前後の体格を持つFWやPFが多い。それと個人技を持っているPGも数人おり、彼らは経験も積んでいそうなのでこれからの活躍が楽しみである。

ただ選考試合が始まるとフィジカルで勝る2年生FW陣が暴れるシーンが目立った。これはこの1年間の練習の成果とも言える。

そして苦労人の多い3年生はガードが多いのだが、なぜこれまでベンチ入りが出来なかったのかが分かるような静かなプレイぶり…。これでは思うようなアピールにはつながりません。

そして注目の1年生FW陣は、とにかくボールをもらったらシュートを射つべし!射つべし!と射ちまくり。PG陣はそれなりにパスやシュートを狙えてはいるのですが、フィジカルに勝る上級生に押されるシーンが目立ち、飛びぬけたパフォーマンスを見せることの出来た者はいませんでした。

もっとも1年生は右も左もわからない状態での試合でしたから、今後の練習や新人戦などを通して大きく変身するのでしょうね。

なかなか気合の入った選考試合でしたが、普段の練習もこれ位ハングリーに臨んでもらいたいものです。

|

« 萩野カップだった! | トップページ | 洗濯機パン  »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 萩野カップだった! | トップページ | 洗濯機パン  »