« 平日練習0410 | トップページ | 東海大日大対校戦 »

2013年4月13日

法政大ワンツー

Dsc_6637
3年前
 と 4年前の 東京六大学対校戦
過去記事を読むと 失礼なことに 5000Mのレースは 明治大 と 早稲田大の 対校戦 などと 書いている

今年は 箱根駅伝で シードを獲得した 法政大

1区 区間3位の 西池選手 と 5区 区間2位の 関口選手が 対校戦5000Mにエントリー

果たして 早大・明大 勢に どう割って入っていくのか・・・

さらに 我が家にとっては 西池選手の久しぶりのトラックレースだったので 楽しみにしていました。

残念ながら、西池選手は 当日変更で走らず。
しかし レースは 予想を超える 面白い展開を見せてくれました。

明治大は 松井選手 (3年、箱根9区) と 牟田選手(2年)
早稲田大は 山本選手 (3年 箱根5区) と 平選手 (1年、高校総体 3位<日本人1位>) が エントリー

平選手の 大学初レースも興味深かったですが、 松井選手と 山本選手の争いかと思われました。

箱根で 脱水症状がでて フラフラになり 実力を発揮できなかった 明大 松井選手
西監督の信頼も厚く、今季の 活躍も間違いないと 思っています。
是非 幸先良く、トラックシーズン初戦を飾って欲しいと思っていました。

Dsc_6604

レース序盤は 松井選手が 牟田選手とともに 先頭にたちます。
追って 早大の平選手
山本選手は 自重気味にやや後方

ここに 法大 関口選手 と 田井選手 も入って レースは6人の集団で進められます。

集団が動いたのは 3200M 過ぎ
それまで 何度か 牟田選手が 仕掛けて前に飛び出しますが、再び集団に吸収されていました
3200M過ぎの 牟田選手の 仕掛けを利用して 法大 関口選手、続いて 田井選手がペースアップ
集団先頭にたちます。

二人は ペースを緩めることなく 二人で競合って 後続を離してしまいます。

Dsc_6627そのまま 優勝 関口選手(14分21秒)、 2位 田井選手 の 法政大 ワンツー フィニッシュとなりました。

3位に 明大 牟田選手
以下 早大 山本選手、明大 松井選手、早大 平選手 の順

法大勢は 1秒差のフィニッシュ
3位には 10秒以上の差をつけました。

田井選手は 3月の立川ハーフでも 4位と好結果を出していて、安定していますね。

この両選手にエースの西池選手も加わりますから 今年の関カレでは 長距離種目でも法大勢が ひと波乱起こしてくれるかもしれませんね。

 

|

« 平日練習0410 | トップページ | 東海大日大対校戦 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平日練習0410 | トップページ | 東海大日大対校戦 »