« ランチ@憩 | トップページ | 上位校に学ぶ »

2013年5月10日

大学トーナメント5回戦

快勝の初戦から2日後。大学チームは5回戦を戦うことになった。

対戦相手は前年度インカレ優勝のT海大。
高さも上手さも強さも全て大学トップレベルで、その視線は打倒プロリーグというチームです。
その相手に我がチームの力がどこまで通用するかを注目していましたが、試合が始まるとそのレベルの差は想像以上のものでした。
ノーマークのゴール下シュートは全てダンクされるのではないかというT海大センター陣の能力の高さは我がチームの想定を遥かに超えるもので、これはインサイドだけではなくアウトサイド、特に3Pシュートでの成功率も凄まじく高く、1ピリを終えて7-33。続く2ピリも同じ様な内容で前半が終わり20-71と勝負あり。
ベンチとしては何とか付いて行って欲しい所ですが、コートで戦っている選手としては全力であたっているのに全く歯が立たない所からすでに心折れてしまって、もはや戦う集団ではありません。
だが試合はまだ後半があり、気持ちを切り替えて臨んで欲しいところ。
後半ではT海大もメンバーをリザーブ中心に切り替えてきました。その為もあり後半だけなら32-48と16点ビハインドながらゲームにはなったので、ここで頑張れたことが今回の収穫と言うことになるのでしょうが、最終スコアとしては52-119と我がチームとしてはここ数年に無い程の大敗を喫し、このトーナメント戦を終えることとなりました。
かなり厳しい敗退ではありましたが、学生界トップのチームとの実力差を直接肌で感じることが出来たのですし、彼らがこれからをどう頑張るのかを期待したいと思います。

|

« ランチ@憩 | トップページ | 上位校に学ぶ »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ランチ@憩 | トップページ | 上位校に学ぶ »