« 週末練習0525 | トップページ | 厚い上級生の壁 »

2013年5月28日

明けない夜はない・・・

Dsc_0384

結果を出したい、、、とつくづく思った 今年の関東インカレ

下級生中心にエントリーした 東海大 長距離陣
苦戦は予想はしていたものの 厳しい結果になってしまいました。
ポイントがとれたのは 3000M障害で 5位入賞の石橋選手の 4点のみ

1年生が大学の壁にはねとばされるのは仕方がありません
次のレースや来年に繋げてもらえればいいと思います
上級生が ここ1年の成長を発揮できないのが なんとも悔しい

確実に力はついてきていると思うのですが、どうも 上手く大会に合わせられないのが、一番残念

エントリーメンバーのうち2名が故障で欠場を余儀なくされたり、調子を崩してしまったり、、、

エントリーメンバーのうち 白吉選手(2年)と 廣田選手(1年)の2名が故障で欠場
昨年大きく成長した白吉選手だっただけに 他大学の強豪選手にどうチャレンジするか 是非見たかったです
また、ルーキー 廣田選手は 2週間前の GGNでも 好走しており、同期の石橋選手が入賞した後、どんな走りをみせるか楽しみにしていました。
関カレデビュー戦で 気をはいてもらいたいところでしたが、直前の故障でした

Dsc_9576

1500Mと5000Mにエントリーした 富田選手(2年)は 4月は好調だったのですが、5月に入って どんどん調子を落としてしまいました。
毎週末の連戦の中 なんとか 上昇へのキッカケを掴めればと願っていましたが、、、

1500Mは 序盤果敢に前を狙い 富田選手らしさがありましたが、5000Mは終始消極的で 我慢のレースになってしまいました
前年の1500Mの思い切りの良さが見られなくて残念でした

富田選手は 故障で迎えた冬のロードは苦しみましたが、トラックシーズンに入って復活してきました。
2種目エントリーされるだけの状態だったと思うのですが、、、力を発揮できなかった(1500M予選落ち、30位 15.01.06)

10000Mと 5000Mに ダブルエントリーの 4年生元村選手も 最後の関カレを笑顔で終えることはできませんでした

5000Mは 後方から前に位置を上げていたところで(800M付近) 転倒に巻き込まれる不運もあり、今年は入賞なし
1年生から入賞 (3000M障害で4位、ハーフで 3位と8位)が続いていただけに ファンとしては 4年目も入賞して欲しかったですね (10000M 20位 29.36.39;5000M 24位 14.29.81)Dsc_0069

10000Mのみエントリーの中川選手(2年)
入賞を狙える位置でレースを進めていましたが、終盤のペースアップについていけず後退
粘りの走りが持ち味の中川選手だけに あそこで我慢できれば、、、と思わせるレース
もったいなかったです(13位 29.23.36)

立川ハーフで 成長を感じさせた 宮上選手(2年)のハーフマラソンには 一番期待していました

Dsc_0694

序盤は 立川ハーフ以上に積極的な走り
外周コースにでて、さらに順位を上げ 先頭グループを窺う位置まできていて、大いに入賞を期待しました

しかし 周回4週目後半あたりから 急に体が動かなくなってしまいました
前半がオーバーペースだったのか、暑さにやられたのか、、、
急に落とした順位より 果たして最後まで走り切れるか、、、と心配になるような 重い走り
その点を考えれば 終盤 よく堪えて 走りきったと思います
悔しい関カレデビューとなってしまいました(29位 1.08.33)

Dsc_0944

上原主将もハーフを走りました
撃沈を恐れてのペース配分だったのかもしれませんが、やはり 後方から順位を上げていくのでは 入賞争いには 厳しい(24位 1.07.29)

一番悔しい思いをし、落ち込んでいるのはもちろん選手です
結果を出せない もどかしさや 不安、、、
全て 力に変えて 次のレースでは 羽ばたいて欲しい

シーズンの始まった今、立ち止まってはいられません
昨秋の予選会敗退からの練習の積み上げと 今の練習を信じて結果を求めていかないといけません

東海大は 来月末の 全日本駅伝の予選会にも挑まなければなりません
1枠増枠となったものの 7枠という厳しい戦いですが、今回の悔しさを糧にきっと結果を出してくれるはず

明るい朝はすぐそこに来ている、、、

と信じて応援しています
頑張れ〜〜 !!! 

|

« 週末練習0525 | トップページ | 厚い上級生の壁 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末練習0525 | トップページ | 厚い上級生の壁 »