« やたら多い マイナスイオン | トップページ | 青い卵 »

2013年5月15日

かるしおレシピ

国立循環器病研究センター、 ”国循”がだした レシピ本

心筋梗塞や脳卒中等 循環器病の予防には 血圧を下げることが有効
従来の塩分を控えると味気ない食事ではなく、塩分ではなく出汁で素材の旨味を味わう料理を提案した レシピ本です。

減塩ではなく ”かるしお(軽塩)”というのも 塩を軽く使う ということらしい

我が家も年相応に 脂っこい肉料理より自然と魚料理や野菜多めのメニューが増えてきている
が、味付けは 急いでいる時や疲れている時など気をつけていないと しっかりつけてしまい ”塩分過剰だった???” と心配しながら 食事をするはめになる

高血圧の人だけでなく、高血圧の予防としても効果的な食事で、素材の旨味を感じるので通常の食事に変わらない満足感がある・・・らしい というので 購入してみた。

このレシピで大きく紹介しているのが 出汁の活用
肉/魚には 出汁で下味をつけてから調理
最終の味付けにも 出汁を使って 塩/醤油は少なくする

確かに 出汁で下味をつけると左程塩分を使わなくても大丈夫。
ただ、当初はやはり物足りなさを感じます。

また 下味をつける、、、という下準備(下調理)は、忙しい人、スピード料理が信条の人には 慣れるまで手順確認に大変かも。

レシピ本に紹介されている お肉料理は しゃぶしゃぶ用の肉のように薄切りで調理するのが多い
お肉は出汁で下ゆでして味付けをするから、味の通り易いように
まだ 厚めのお肉が好きな我が家には この点も 工夫しないといけない。

有り難いことに 食事制限をするほど血圧が高いわけではないので、このレシピ本をもとに 少しづつ 塩分の少ない料理を取り入れていけばいいかな、、、くらいのスタンスでいる。

Cimg1110

写真は レシピ本の付録でついてくる メジャースプーン
比較用に 通常の計量スプーンも
ご覧のとおり、かなり小さい

レシピ本は2人前の分量なのだが、出汁以外の調味料(醤油、砂糖、塩等)は このスプーンで 多くて 4杯

これで お味がつくのだから 今まで 塩分が多かったなぁ・・・とは思う。
でも、ピンクで 醤油やお酒の計量、、、結構しんどいです(笑)

|

« やたら多い マイナスイオン | トップページ | 青い卵 »

ミーな兄貴、ハーなガール」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やたら多い マイナスイオン | トップページ | 青い卵 »