« 世界卓球の週末だった | トップページ | 4年目の決勝 »

2013年5月23日

そば処 おっこと亭

Img_2058蓼科に向かう途中 昼食によった そば処 おっこと亭

この辺りは 八ヶ岳の別荘地
ただ、飲食店が少なく、食事をする場所を探すのに 苦労する。

この日も 「諏訪まで行って鰻」のプランもあったが、夕食をおいしくいただきたいから、軽めの蕎麦にした。

おっこと亭は 20年ほど前に 町おこし事業で 富士見町が建設
地元の主婦のそば打ちの技術を守りつつ、町を活性化しようと運営されているそうだ。

地名が 「乙事」、「おっこと」と読む
ここでは 以前は 嫁に入った女性で蕎麦打ちができない人はほとんどいない、、、というほど、蕎麦が身近な存在。

平屋家屋の店内は テーブル席が1卓のほかは、畳の座卓
6-8人でテーブルを囲めるようになっていて、のんびりしたくなる。
見える範囲の周囲には、同じ施設の体験館と水車があるだけで、自然たっぷり。

こちらの名物は  Img_2063”きりだめ蕎麦”

蕎麦を切った後 蕎麦を置いておく 木箱(切り溜め)に 盛り付けたもの
二人前からの注文で、家族・仲間うちでシェアしながら食べるのが楽しい

値段は もりそば 850円の人数分
写真は 3人前
兄貴が少ないと嫌だから、、、と3人前にしましたが、なかなかのボリュームで、2人前でもよかったかも。。。

薬味もそばつゆも お願いすれば 直ぐに追加をもってきてくれる
自然たっぷりの中で、気持ちも晴れて、食が進む

Img_2061

季節の野菜天ぷら(4種類)が 500円という。
タラの芽、ウドの葉、新玉ねぎ、カボチャ だった
500円ではもったいないくらい 野菜の味が味わえて おいしい。

十割蕎麦もあり、こちらは予約制

HPによると 蕎麦打ち体験もできるようだ。

周辺は 商業施設もなく 自然たっぷり
南アルプスを眺めるだけで気持ちもすっきり
町おこしの施設だけに、近くに行くと案内看板があり、決してわかり辛い場所ではないが、

Img_2067

目印も少ないので ちょっと不安になるかも。。。

おっこと亭
諏訪郡富士見町乙事3777-3
0266-62-7188

5-10月無休 (他:木曜休)
10:30- 蕎麦が無くなり次第終了

 

|

« 世界卓球の週末だった | トップページ | 4年目の決勝 »

お出かけ後のふたり言」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界卓球の週末だった | トップページ | 4年目の決勝 »