« 上位校に学ぶ | トップページ | ボリューム満点! »

2013年5月12日

夏に向けた強化

現在我が中学バスケチームのメンバーは定期試験期間の関係で練習はお休み状態ですが、コーチの私としては最後の夏をどう戦ったら良いかを日々考えています。

本来ならば練習でバリバリ走らせ、どんどんシューティングさせて、練習試合に出かけて…というところでしたが、春季大会での思わぬ初戦敗退とGW前での怪我人続出という事態で計画を一時ストップせざるを得ませんでした。

しかし彼らの試験休みが明けたら、あとは夏季選手権大会に向けてスパートするのみです。

ところで、その夏季選手権大会までは約1か月程度あるのですが、どこを強化すればもっと具体的にチームが安定して勝利に近づけるのか?そんなことをここ最近は考えていましたが、ようやく決心がつきました。

これまで戸山や川上などガード陣の怪我が多かった関係でどうしてもそこをカバーする為の方策ばかり考えていましたが、3月・4月の試合のビデオを見る限り、インサイドである田中や三井のゴール下付近におけるステップやシュートに関わる1対1が弱いことがわかりました。

これは当然身体能力の向上でクリア出来る内容も含まれていますが、そういった動作も含めてインサイド陣の強化を図ることにより試合における得点の取りこぼしを防ぎ、安定した試合内容にすることが出来るのではないかと思っています。

それと速攻を決めることが出来なかった時に、慌ててシュートをするのではなく落ち着いて24秒を使いながら最後シュートを決めるというゲームコントロールもこれから必要になります。

我がチームは3メンアウトと4メンアウトのセットオフェンスを持っていますが、4メンアウトオフェンスならスペーシングを取りながら時間を使いつつ攻めることが出来ます。

しかも4メンアウトについては昨年度から継続して練習していますから攻撃の引き出しも多く、ゲームコントロールすることの意味を理解してくれれば必ず接戦で機能すると思っています。

今のチームは昨年度よりも実力がありながら、ここまで組み合わせの関係でなかなか上位進出が出来ず、次もいきなり強豪との対戦かもしれません。組み合わせをみてオロオロするのではなく今から準備をしていき、今度こそ具体的な成果を出したいと思う私です。

※個人名は変えていあります

|

« 上位校に学ぶ | トップページ | ボリューム満点! »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上位校に学ぶ | トップページ | ボリューム満点! »