« 陸上選手の様な… | トップページ | そば処 おっこと亭 »

2013年5月22日

世界卓球の週末だった

楽しみにしていた 陸上の関東インカレが始まりました
もちろん 両日とも 競技場に応援に行ってきました♪

しかし! 
この週末は パリで開催されている 世界卓球が気になって・・・
毎晩 深夜の放送を見てしまい、関カレ観戦後も 帰宅をすると、 すぐに JSportsで 卓球観戦
陸上の余韻を楽しむ余裕もありませんでした。

かなり ヘビーな 週末となってしまいました。

今年の世界卓球は 個人戦
日本のエース 福原愛選手、水谷隼選手が 初戦に敗退するまさかの波乱で始まった

女子のもうひとりのエース 石川選手も3回戦で姿を消し、地上波の放映権を持つTV東京のトーンも沈みがち・・・

そんな中、男子がシングルス・ダブルスともに 本当に面白いゲームをするので、目が離せない。  

エース水谷選手の1回戦敗退の嫌なムードを変えたのが 松平健太選手

2回戦で 北京五輪優勝の マ・リン選手に 圧勝
翌日には 男子ダブルスで 銅メダルが確定し 日本チームとしても ホッとしたことだろう。

男子ダブルスは 3回戦で 日本勢の同士討ち

全日本を制した 丹羽・松平健太ペアが 水谷・岸川ペアに競り勝つかと思われた
が、岸川選手が絶好調で、水谷選手も意地を感じさせるプレイで 丹羽・松平ペアを突き放すと、その勢いで 同日行われた準々決勝でも 台湾ペアに勝って 銅メダルを決める

惜しかったのは 張・松平賢二ペア
準々決勝で 3ゲーム先取と有利に進めながら 追いつかれ 逆転負け
最終ゲームも リードしての逆転負けだっただけに 勿体なかった。
銅メダルが すぐそこにあったのに・・・

相手の台湾ペアとは 互角の試合で ストリーミング放送の実況担当も 興奮する好試合だった。

そして 話題は男子シングルスへ

強豪がそろう ベスト16
2回戦で 金星を上げた 松平健太選手は サムソノフ選手とフルゲーム
力差では サムソノフ選手が上かと予想されましたが、この日の 松平選手は 神かかっていました。

ミラクルショットが 面白いように決まる。
もちろん サムソノフ選手も地力で 流れを引き戻そうとしますが、松平選手の好調ぶりが 最後には 流れまでも味方につけて 勝利をものにします。

残念ながら メダル決めの準々決勝では 世界ランク1位の シュー・キン選手に最後は力でねじ伏せられてしまいます
が、 第2,3ゲームを奪取し 4ゲーム目もリードした時には ミラクル再現か・・・と胸躍らせたファンも多かったのではないでしょうか。

ライブで放映してくれた Jsportsも グッ・ジョブでした♪

松平健太選手は 4年前の東京大会で ブレイクした選手だったが、その後 故障もあって長いスランプに入ってしまう。
世界ジュニアを制し、10年に一人の逸材と言われた松平選手ですが、ここ3年は 良いところがなかった。

後輩の 丹羽選手が順調に実績を上げていただけに 辛い3年間だったと思う。

そのスランプぶりが夢だったかのような 今大会の充実ぶり
あの ミラクルショットが 繰り出せるのは やはり 10年に一人の逸材だからか・・・

卓球に魅せられた 週末でした

来年の世界卓球は 開催地が東京で、団体戦
生で 世界レベルの卓球をみたい !!! 
日本人選手の世界への挑戦を 生で観たい !!!

と思いを強くした 今大会でした。

|

« 陸上選手の様な… | トップページ | そば処 おっこと亭 »

#卓球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陸上選手の様な… | トップページ | そば処 おっこと亭 »