« 楽しみな 南関東 対決 | トップページ | 夏の組み合わせ決まる! »

2013年6月 7日

13陸上 日本選手権

陸上の日本選手権が 始まりました

今年はペアシートというチケットを 購入しました
A席2枚分の価格で、ベアシートエリアで、観戦できる
1370770572043.jpg

S席エリアには入れないが、A、B席で観戦しても構わない
IDカードをもらって、デイリープログラムも2名分ついていた

さて、大会は、初日から注目種目も多数あり、見所満載で、凄く楽しめた

やはり、一番の注目は、日本人初の9秒台への期待高まる 男子100M

予選1組目で、山縣選手が1着と順当に通過した一方で、5連覇のかかっていた 江里口選手が、まさかの予選落ち
まさかとは言っても、この組は 2位以下が、川面、大瀬戸、九鬼、畠山、、、
実力が拮抗し過ぎた

予選2組は、話題の人 桐生選手が組トップ、次いで 高瀬、塚原
4位以下とはハッキリ差がついた

私としては、昨年国体以降スランプ気味にも思えた 大瀬戸選手が最後の競り合いに勝って着順で決勝を決めた事が嬉しい
また、北京五輪メダリストの塚原選手が余裕を持って予選通過した事も喜ばしい

8日の決勝が本当に楽しみだ

女子400M予選では 高校生旋風が吹いた
予選2組ともトップは 浜松市立高校の選手で杉浦選手は21年ぶりの高校新
二人とも状態が非常に良かった

3000障害では、関東インカレ4連覇の山口浩勢選手が優勝争いをしていたが、残り300m付近で転倒
直ぐに立ち上がる事ができないだけでなく、障害は腕を使わないと越せない程のダメージ
大きく順位を下げてゴールした山口選手に肩を貸したのが、高校時代からの好敵手、 小池選手(東洋大)

山口選手の転倒で動揺大きい状態には、涙腺を著しく緩くする光景だった

残り2日間の 好レース、好記録に、期待!!!

|

« 楽しみな 南関東 対決 | トップページ | 夏の組み合わせ決まる! »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しみな 南関東 対決 | トップページ | 夏の組み合わせ決まる! »