« 大学バスケ新人大会1回戦 | トップページ | ベスト4で決勝リーグへ(県高校バスケ) »

2013年6月15日

大学バスケ新人大会2回戦

快勝の新人大会初戦。

しかし2回戦の相手は昨年度ベスト4であり、今期よりスーパー留学生の加入したT殖大学です。

初戦は勢いだけで勝利出来ましたが、今度は高さと強さを相手しなくてはいけません。

試合前、選手達としてはその留学生の能力を警戒しすぎ、何とも表情が良くありません。

まあ関東の4強相手ですからプレッシャーがあるのは仕方ありませんが、あまり自己暗示をかけすぎてもいけません。

そんな状態でしたので、試合開始後にいきなりアーリーウープダンクを軽々と決められたのは痛かった。

こちらは留学生以外でしたら充分相手になっていたのに、この高さにすっかり萎縮してしまい、まともに攻撃できなくなってしまいました。

相手もこんな我がチームを見て、2ピリは留学生を下げてきました。するとベンチからは互角以上の戦いが出来ていると思ったのですが、心折れたメンバーには目の前の状況を冷静に分析することが出来ない様で、前半を24-41と17点ビハインドで折り返す。

ハーフタイムではスタッフ陣から激を入れられる選手達でしたが、3ピリでもこの展開を変えることが出来ず…。

最後4ピリではベンチメンバーが奮起して少し得点差を詰めることが出来ましたが、最終スコア65-83と完敗の内容で2回戦が終了。1・2年生達の新人大会が終わりました。

負けたことは残念でしたが、彼らの可能性を見ることが出来たのは良かったと思いますし、この若い力が秋のリーグ戦でも使える目途がたったことは大きな収穫です。

彼らの更なる成長に期待しています。

|

« 大学バスケ新人大会1回戦 | トップページ | ベスト4で決勝リーグへ(県高校バスケ) »

バスケコーチMの独り言(09夏〜13夏)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学バスケ新人大会1回戦 | トップページ | ベスト4で決勝リーグへ(県高校バスケ) »