« 日本カモシカと、、、ハチの巣と、、、 星空 | トップページ | 13陸上 日本選手権 »

2013年6月 6日

楽しみな 南関東 対決

兄貴と 高校バスケの 春季 関東大会を 観戦した日、 帰宅途中に 世田谷記録会に 立ち寄ってみました。

二つお目当てがあって、
ひとつは 今週末 日本選手権を 控えている 佐藤悠基選手や 鎧坂哲哉選手が走る 3000Mのレース

もうひとつが 個人的に 注目している 山梨学院大付属高校の 主力選手が 高校総体地区大会を前に エントリーしていたこと。

今年の 山学大付は 県外からも集められた有力選手が 3年生になった年
すでに 昨年の 都大路でも 下級生チームながら 8位入賞を果たした 楽しみな学年
トラックシーズンもベスト更新が相次いでいます。

大学駅伝ファンとしては、 各選手の進学先も気になりつつ、 どこまで 成長するか 楽しみな チームです。 

4月の 日体大記録会での 好レースの印象が 強く、この日も楽しみにしていました。

山梨県大会 3000SC を 圧勝した 矢ノ倉選手は 5000Mではなく、1500Mを走りましたが、
県大会 表彰台を 独占した 3名 (市谷選手、上田選手、河村選手)が 大学生に混じり 積極的なレースを みせていました。

この日 ベストこそ 出ませんでしたが、 3選手とも それぞれの 持ち味を出したレースだったと思います。

全中チャンプの 上田選手は ラストの切れ味が 秀逸で、この日も もう少し早く仕掛けていたら 13分台もあったかもしれません。

市谷選手、河村選手は レース序盤から ぐいぐい押していけるレースも 気持ちの強さを感じて 応援したくなる 走りをします。
市谷選手は 上田選手とともに 日体大に続き 13分台に手が届きそうな 走りでした。

次のレースは 2週間後の 南関東大会 (6/14~ @熊谷

南関東大会は 千葉、東京、神奈川、山梨の 4県で争われます。

特に 今年の千葉は 市船勢、八千代松陰勢、柏日体勢ら 有力選手が多く、すでに 県大会でハイレベルな戦いだったと聞いています。

その大会を勝ち抜いてきた 千葉勢と 山学大付の選手らの対決は 見ものですね~
特に 中学時代から 活躍しつづけている、安井選手(市船、1500M、5000M の2冠)や 花澤選手(八千代松陰、ロードの長い距離にめっぽう強い)ら との つば競り合い、、、

想像しただけでも ワクワクです。

ちょっと 遠いけど 是非観に行きたいなぁ~ と思っています。 

|

« 日本カモシカと、、、ハチの巣と、、、 星空 | トップページ | 13陸上 日本選手権 »

♯箱根駅伝と、陸上と、、、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本カモシカと、、、ハチの巣と、、、 星空 | トップページ | 13陸上 日本選手権 »